新着Pick
387Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【初回無料】組織で活躍する「名参謀」に光を当てる連載。今回からリブセンス村上太一社長の参謀をスタートします。
前回連載のマザーハウス山崎副社長もそうだったけど、参謀となる人はコンサルや投資銀行出身者などの左脳系人材が多い。最近は、まわりでもコンサル、投資銀行からスタートアップへ転職する人が増えており、とても良い流れだと思う。コンサルファームがスタートアップ界おける経営人材養成機関のような役割を果たしている。
村上さんがすごいのは学生起業で上場まで駆け上ったこと。会社勤めしたことないから組織がどうあるべきかという先入観もない。それで組織を統率できている背景はすごく気になります。
こんなふうに若き「ものすごいエネルギー量の」リーダーを評することのできる、冷静な名参謀。人間的な相性もいいのだろう。仕事上で相手に惚れることができるって、本当に贅沢で幸せなことだ。このシリーズ、有料会員でない私()はいつも初回しか読めないんだけど、毎回すごく幸せな気持ちになる。(有料に移行しようかなー。なー……)
'『空気みたいな』ではなく『太陽みたいな』と表現するのが彼独特だなと思う。社会に影響を与えたいという意識を、良い意味で強く持っている。そのあたりがやはり起業家なのでしょう'
追記)移行しました
新しいことをやるときに参謀・番頭は重要。ソニーの盛田・井深体制はこれに該当するか微妙だが、ホンダの本田宗一郎・藤沢武夫はまさにイノベータと参謀・番頭。日本電産も永守氏が注目されるが、創業時から連れ添っている小部副社長もそうだろう。
経営は同時進行で複数の課題がある。例えば利益などの数字と、文化・組織など数字で出ないモノ。得てして数字を追いがちだが、長期的には数字で出ないモノも重要で、一人のリーダーが両方を担保するのは困難な時がある。それぞれの課題に対して責任者がいて、そこを追及する中で矛盾が発生したときに相談できる信頼関係がある組織は強いと思う。
関連して、その観点で、サンドラッグの2店長制度は、興味深いし有効性がある制度だと思う。
http://www.sundrug.co.jp/recruit/medicine/sundrug/staff.html
「ちょっと世間ずれした大人が聞けば、気恥ずかしくなるような理想である」との一文に笑いました。
『事業プランを2つ持参して行った。リブセンスや特定の企業に向けた事業プランでなく、自分がずっとやりたいと考えていたもの』スタートアップに参画しようとする時にこのスタンスで会いに行くところが凄さを感じる。
浪漫を語る人。そろばんを弾く人。参謀は浪漫に共感しながらそろばんを弾ける人が多い気がする。私はコンサル出身だけど、あまり算盤は得意じゃないので、そこに強い人をパートナーに迎えられてバランスをとっている。
おお!中島さん。確かに中島さんは「名参謀」という表現がぴったりな方だと思う。こういう方を魅了する村上さんはやっぱり太陽のような存在なんだよな。
ユーザーが喜ぶ→利用者増える→儲かるための基盤ができる
なので、普通にいかに儲けるか考えてるだけだと思う。ビジネスである以上、利益を目指すのは言葉にしなくても前提なのであえて言わないだけの気がするな。
この連載について
世間で「イノベーター」と騒がれるスターたち。だが、彼らを支える「参謀」こそスターを輝かせる。参謀たちの闘いに迫る。
株式会社リブセンス (英語: Livesense Inc.) は、東京都品川区に本社を置く、インターネットメディア運営会社。 ウィキペディア
時価総額
85.8 億円

業績