新着Pick
266Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
売上好調の中、MAUが10月1億7000万人から1000万しか伸びていないことに注目すべき。成長の鈍化なのか、LINE離れがおきはじめているのか、日本以外の風景はきちんとおっかけた方がいい。
(Viber事業を担当してたのでバイアスがかかっていることを注記しておきます)
トップシェアをとってない国でとっていくのはこのモデルでは大変なんだよな。でもwhatsappに比べると異次元の使いやすさだと思うんだけど。。
LINEがアジアで受けているというのはマジで強いかと。なぜなら今後の人口急増が絶対だから。インドネシアやフィリピンもおさえたいところ。スタンプは欧州では分からないが東南アジアでは確実に成長のドライバーとなってる。メッセンジャー以外の領域も攻めて広いユーザの取り囲み、インフラアプリ化もスマートな戦略かと。
LINEが凄いのは社員数が800人くらいで800億以上稼いでるって事。1人が1億円以上叩き出してる。最近一緒に仕事する機会があるのだがみんな優秀
LINEが売り上げは前年の二倍、で863億円。
まだまだ売り上げ規模としてはそこまで大きいわけではないが、メッセージングアプリ以外にも色々なジャンルに進出しているし、今後それらの事業の目が出てきたときにどこまでいくのか楽しみ。
成長してるから、直近四半期の数値が一番重要で、売上261億円。特にLINE事業だけで236億円。細かく数値並べてない肌感覚の議論だが、ユーザー取ってインフラ化しながら売上まだ高水準で成長してるから、自然体でも2015年は売上1500億円が見えてきそう。更にインフラ化した状態でサービス追加してるから、それが上手くいけばもっと伸びる。あとはトップライン的には、海外拡大がWhatsAppとかもある中で、どれくらい進むかがキーだろう。
直近四半期のLINE売り上げは236億円とのことで、だいぶ成長してきた。以前はゲーム中心だったがさすがにスタンプ比率が上がってきたのか、実はゲームなのかは記事ではわからない。もっと気になるのは日本比率。結局デジタルコンテンツに異様に金払うARPUが高い日本に合わせてビジネス設計をしていくとどんどんガラパゴス設計になってしまい、iモード、グリモバの二の舞になってしまうリスクがありそう。こういう金の使い方が日本以外(特にアジア)で広がるかがポイントな気がする。
スタンプ(15%)よりゲーム課金(60%)の方が売上大きいことに驚き。みんな結構課金するんだな。
さすがにゲームとスタンプが3年もつと思えない。LINE自身がミクシィをどう見てどう乗り越えていくかを知りたいな。でないと同じ場所に向かうことになる。
↓日経にも記事あり。売上高の内訳はゲーム60%、スタンプ15%、広告などが25%、とのこと。

LINE売上高2.1倍 14年12月期、スタンプ販売好調
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ29HN9_Z20C15A1TI0000/
株式会社百十四銀行(ひゃくじゅうしぎんこう)は、香川県高松市に本店を置く地方銀行。 ウィキペディア
時価総額
501 億円

業績

業績