新着Pick
313Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
芦屋学園の取材で感じたのは、とにかく「視点」が違う。指導者や選手のスタンス、試合がないことをどう捉えるかなど、既存の高校野球との発想の違いがおもしろかった。当然課題もあるので、ハードルと可能性を長い目で取材していきたいと思っています。
サッカーなら当たり前の元プロに指導してもらうこと。高野連に所属しない芦屋学園の取り組み、まさに日本野球界のイノベーション。
これは面白い。こういう取り組みが広がるといいなあ。

こういうの好き。当たり前のレールから外れることで結果的に一選手に適切な道を提示できる。甲子園も良いけど、やはりその先に未来がある。
甲子園の勝利至上主義とは違う育成ルートが生まれることで、逆に、「甲子園のもつ良さ」も浮かび上がってくるはず。
メディアとしては朝日を評価するのですが、高校野球になると別です。1930年代の観光施策を分析していると、東京オリンピック誘致に朝日は大金を寄付していることに気がつきます。学生野球全盛時代でしたからです。プロ野球は読売が中心でしたが関西私鉄が大阪朝日を含め関西メディアが報道することにより徐々に人気を獲得していった歴史がありますが、東京では無視され学生野球が中心でした。
戦後巨人の人気とともに読売新聞が大きくなり、学生野球の朝日新聞との関係で、今日のような仕切りができたのでしょう。プロとアマチュアの仕切りがなくなった以上、全体を見直さないと野球ビジネスの発展はないでしょう。その点では朝日と読売は提携すべきです。ついでに歴史認識報道でもフェアプレイを期待したいです。
こんな取り組みがあったことを初めて知った!
いろいろな手段があったほうがいいから、取り組み自体はいいと思うんだけど、一番気にかかったのは試合ができないこと。
やっぱり、試合が一番楽しいし、勝ったときや試合で成功したことがモチベーションになる。

高野連に所属してなくても、練習試合くらいできるような仕組みになればいいのに
芦屋学園の活動は長い目で見て応援したい。しかし、現状は厳しいと思う。試合が無い分、基礎練習に時間をさけることは良いことだが、試合での勝負師としての勘を磨くことができない。高校野球の問題点は多くあると思うが、ハイレベルの中での競争は人を成長させてくれる。芦屋学園のビションが書かれる、次回以降の連載を楽しみにしたい。
別ルートっていいなー 多くの人が集まるルートではないルートは近道だったりする
なるほど。知らなかったです。面白いですね、この取り組み。

試合が出来ない

このあたり、
短い期間で解消される制度なり高野連側の理解なり、
今後注目ですね。