新着Pick
187Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
Facebookが超好決算。動画広告も立ち上がり始めて、Instagram、WhatsAppの収益化もこれからやってくる。全てにおいて盤石。唯一、問題を上げるとするとアメリカの若者向けのメッセージングサービスをSnapchatに押さえられていること。その他は隙は全くない
これだけやりたい放題の会社でもようするに広告商売。ネットの底の浅さの奥深さを感じる。
動画広告がすごい
ユーザーから大不評のFacebookAdもマネタイズとしては大成功ですね。
CPAはいったん置いておいて、今は出稿しとかなきゃ、の広告主多そうですね。アプリ広告はかなり相性良さそうな感じはします。
効率が良い、悪いでまた多少の上下がありそうな1年。
Facebook、1四半期での売上が38.5億ドル。ハードを売っているAppleは、直近の決算で746億ドルと化け物の様な数字(下記ビジュアルレポート参照)だが、ウェブサービスであるFBのこの数字もすごいと思う。DAU8.9億人(モバイル7.45億人)、MAU13.9億人(同11.9億人、モバイルのみは5.26億人)と、モバイルシフトも上手くいっている。
シフトが上手くいくほど、どういう広告がモバイルでウケるかという知見も先行的に溜まる。つまらなくなったとか若年層の他のSNSへのシフトも言われる中で、個人的には知見⇒実践で強さが増す好循環に、どんどん入っている印象。
https://newspicks.com/news/803525/
Facebookの動画への注力は一つの流れを掴んだよう。またFacebookLiteで低速回線での配慮も見せた。
MAUは減少しているが、それ以上にFacebookが期待するタイプのユーザーの密度も高まってるのかも。
若者のFacebook離れが大きく取り上げられる中、広告収入は伸びている。Facebookのビジネス需要はまだまだ大きいということですかね。
おっさん向けのサービスっていうけど、カネ持ってる人向けとも言える
盤石な利用者基盤とタイムラインインフィード広告の単一でここまで行くのか。今はネイティブ課金アプリ広告主がメインだご、動画が立ち上がったときのブランド広告で第二エンジン点火か。
国光さんの言うようにアメリカの若者向けメッセージングサービスだけSnapchatに押さえられている。だから買収したいし何度もアプローチしているんだけどエヴァン・スピーゲルは蹴っ飛ばしてる。