新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
歴史は繰り返す。バブルがあり、崩壊がある。今は、バブル期との認識だ。
例えバブルがはじけたとしても、若い人材や新しい技術に資金が投資されてきたものはアセットとして残る。デリバティブやら金融商品に金が集まるより100倍良い。
こ、こんな時期に200億のファンド作っちゃった。
確かにそうだよな
VCによる投資額は2000年に次ぐ記録的な水準。但し、投資額の増加に対して件数はそれほど増えてなく、一部の大型スタートアップに資金が集中する傾向。今年IPOを予定している会社は588社あり、このうち42社に10億ドル前後の企業価値がついているとの事。10億ドル以上が42社とは凄い。
VCがつけた評価とIPO後に株式市場が付ける評価のギャップに苦しむ会社が増えることでしょう。本当に苦しむのは経営陣も含む上場後の株主というのがなんとも切ない。
『投資額が大幅に増えたからといって、投資を受けたスタートアップの数が大幅に増えたわけではない』⇒記事にあるようにバリュエーションが高いか、未上場でも短期で拡大できる企業が増加した。両方だと思っている。後者に関しては、昔より短期で拡大できる企業・ビジネスモデルが増加し、また上場のデメリットも意識されている結果だと思う。あと投資家サイドでは、市場全体の水準も高めのなかでT Rowe Priceといった伝統的な機関投資家も名前を見かけたりすることが多い印象。
この状況は日本でもまったく同じだね。
資金があまっていて、未上場マーケットのバリュエーションが上がっていて、IPO後のマーケットのつける価格と乖離してしまっている。
IPOだとしても、MAだとしても、結局のところキャッシュをどれだけ稼げる、と周りから思われているか。周りから、がミソ
投資総額が増えると種をまいてるように見えるけど実は一極集中してる。だからこそクラウド的な種のまき方もあって良い、と思う。