新着Pick
235Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「WiiにPS3が負けた理由は、ソニーが電機屋で、任天堂が花札屋だったから」という話がありました。ゲームのハードを、ソニーは家電で、任天堂はおもちゃとして認識していたということです。
任天堂の遺伝子を呼び起こし「人はどういう遊びで幸せになれるか」みたいな感性で、良い商品やサービスを創出されることを期待しています。
そりゃ日本人はともかく、これからわざわざスマホあるのに3DS買う人はいないわな
前提:外から言うのは本当に簡単なのですが、ちょっと調べてみた。

まず、どれくらいやばいか分かりやすいデータから。
経年売上/利益の推移グラフと、イベント整理:
http://sanosemi.info/archives/1537

状況としては既にWiiを発売する前の売上水準にまで落ち込んでおり、さらに利益については1984年ころの水準に等しい。wiiで爆発的に利益が出てしまったがゆえに、そこからはコスト過多体質に大きく変容。そして、その影響がまだかなり残ってしまい売上はwii直前期とほぼ同等にあるものの、当時10年以上も続いていた営業利益:1,000億円前後からかなりダウンしてしまっている。利益は今期200億円ということで改善し始めているので、あと800億円程度改善できると一応は以前の利益率水準には到達します。

つまり、シンプルに戦略方針は、
1)売上の新しい柱探し。R&D予算をガシガシ投下。
とはいえ利益のキャッシュはまだかなりあるはずなので、もう思い切って携帯電話作ったり、こだわり捨ててソーシャルゲームやスティック型のChromeCast的なものとかをどんどん作ったりすればよいと思うの。ゲーム機市場は携帯電話にマージされていくので・・

2)コスト体質をBefore Wii状態にまで戻す
不採算事業のさらなる整理。過去の栄光を捨てる。wii事業すら解散し、配置転換など。
1歩づつやるとかじゃなくて、一気に走り幅跳びでもしてしまったほうが早そうです。

3)M&Aなど
収益性改善が短期で見込まれる打ち手の集中実施。株主への短期責任も果たす。


という、そうまるで某M社がやったことをケースに、愚直にやりきるのが良いのではないだろうか。

以上は、通りすがりの評論家からの視点でありました。(´・ω・`)
任天堂を単にゲーム会社と見るのではなく、「新しいユーザインターフェースとそれを最大限に引き出すコンテンツを提供する会社」と位置付けると今の不調が説明できる。3DSもWii UもそれぞれDS、WiiとUIは大きく変わらない。つまり感動体験の接点が少ない。任天堂はスマホにコンテンツを出すべきだ論調あるが、それは岩田さんの頭の中にはないと思う。なぜならば、スマホというUIは任天堂が関与できる領域が小さいから(というよりほとんどない)。つまり任天堂自身新しいUIを見出して新しいハードを提供しなければ、任天堂らしい姿にはならないと考えていると思う。まあ、スマホ全盛の中でこんなことを言っても、そんなアホなと一蹴されると思うが、そう信じて疑わない任天堂は僕は好きですがね。キャッシュがあるので、アナグマでこれだと見出せるまで待てばいいと思う。その前にアクティビストが来て配当よこせとならないことを願うが。ISSもROEが過去平均5%を超えないと経営陣にNoというらしいので、要注意です。
構造的な問題なのでまだ少なくとも(=うまくいったとして)2,3年は難しいですよ。
目先のぶれは誤差。
いちいち責めないでそっとしておいてあげて欲しいな。
自分に子供がいたらわかるけどスマホゲームなんて危なっかしくてやらせてられないし、スマホゲームしてないと友だちがいなくなるっていうならどうぞ消えて欲しい友だちだから積極的に禁止したい。その一方でDSソフトの安心感がすごい。
従来予想は400億円の黒字を200億円の黒字に下方修正。4年ぶりの営業黒字は維持するものの、ピーク時は5552億円の営業利益を稼いでいた事を考えるとなんとも寂しい限り。
スマホの次を見て動くべき。メガネ型AR端末はゲームの世界を大きく変えると思っているが、それもソニーだけのよう。ただMicrosoftなどがいろいろ開発しているのでソフトに注力すればいいと思う。
http://japanese.engadget.com/2015/01/06/ar-smarteyeglass/
新型3DSなどのハードの売り上げの低迷も大き異様ですが、「妖怪」や「モンスター」はソフト販売で大きく貢献している。それ以外のソフトの売上低迷が大きい。岩田社長は28日、「今年前半にスマートデバイスの活用方法について話をしたい」と語り、スマホやタブレットなどの活用に期待を寄せているが無料アプリが多い中でどこまで売り上げを伸ばすことができるのかは不透明だと思う。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28HQP_Y5A120C1TJ1000/?dg=1
国内も妖怪ウォッチなかったらやばかったですよね。
モンハンや妖怪ウォッチという他社コンテンツ頼りになってきていて、かなりマズいイメージ。
特に妖怪ウォッチはポケモン層をかなりリプレイスしそう。
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
5.46 兆円

業績