新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここ数年の建設業界の人不足は異常で、人件費と資材の高騰で入札できなかった公共案件もあるほど。
しかし、ドメスティックな市場では今後の大幅な市場縮小は当然で、再開発、マンションやホテル建設、オリンピック施設なども2020年前後で落ち着いてしまうはず。その中で固定費化する決断はできないでしょう。
需要の増減に対応するには、ベトナムとかアジアの建設会社を買収するなりして、日本と海外市場全体で売上のバランスをとるしかないのでは。(といってもゼネコンでさえ海外受注はなかなか難しいのが現実)
これでけ需給バランスが崩れているといわれる中でも、逆張りで高給で雇うとか正社員で優秀な人を囲うとかいう動きが出てこないのは不思議
人がボトルネックになっているのであれば囲い込んでしまえば超過収益を得られるはずというのが、経済学的には成り立つはずだし、そういう「レント」を求めて新規参入者が入ってくるというのが市場原理論
それでも無いといのはそれだけ需要が「一過性」だと思われているということなのか、単に市場が失敗していて実はブルーオーシャンなのか
多重下請け構造が問題なんだよな
産業は企業単位ではなく、生態系として見ておかなければならない所以ですね。
ナイーブに「企業改革」できるのは、生態系が安定している時。
状況を判断し、どこまでの視野で戦略を練るかを自覚的に決めなければなりません。
いわゆるITゼネコンでもいずれ同じことが起こる。ただ、前例があるわけだからそれに習おうと本気で考えて動けば対処はできるはず。
物流業界も似てる