新着Pick
987Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
まずはつみたてNISAの口座開設をして、全世界株式インデックスファンドに毎月100円の積立設定をして、投資の仕組みを作りましょう。1年で必要な金額は1200円です。最低限の知識はこちらの動画で身につきますよ。

投資を始めるなら、つみたてNISA一択でいいのか解説します
https://youtu.be/IytQyf9ZGYc
人気 Picker
NISAにiDeCoにやればいいと思うけど、ほんとに若い時の時間はかけがえないので、父母だか祖父母だかにお金借りてでもいろんな体験することや挑戦すること、自己投資にお金かけたほうが良いですよ。マジで利回りとしては半端ないので。

いいか悪いかはさておき、私は30までキャッシュ一択でした。でも二度目の人生があっても同じことするか、せめてパワー預金くらいでしょうね笑
リスクとリターンのどちらを取るかは悩ましいですが、若い世代から始めることで失敗してもその損失を取り返せるというのは確かにその通りかもしれないと思いました。
最近ではイデコやニーサなど投資を喚起する流れが如実に出ていますが、この記事を読むと若い人にももっと声がけをした方が投資に興味を持つ人が増え、日本人の貯蓄率の低さが改善に向かう効果が高いのではないかと感じます。
ツッコミどころ満載の記事ですね。

銀行預金も立派な投資です。
元本が保証されている(リスクが少ない分)リターンも少ないというだけのことです。

また、物価上昇についていく唯一の方法というのも、大間違いです。
米国のようにインフレになってFRBが金利を引き上げ、株価が下がるという現象が起こっています。
つまり、インフレになれば株価が下がることも大いにあるのです。

ファイナンシャルアドバイザーに相談するなんてもってのほか。
インデックス連動の手数料の安いETFを買うのが正解です。

せっかく投資したのなら、日々の株価の動きはチェックしましょう。
ケインズは「経済学を学ぶのなら株を買え」と言ったそうです。
子供が20歳になったら「時間を味方につけて始めて見ること」をすすめたいな、とぼんやりと考えています。

積み立てNISAの口座開設、そして手数料率がとにかく安い分散型の投資信託をこつこつと毎月買い続ける。
最近はロボットアドバイザーが簡単にやってくれるサービスも出てきていますし、先ず始めて見ること。

かつては資産運用を仕事として行っていた私ですが、プロの世界から離れると時間を味方につけることが最大の武器だと感じます。
「証券」や「株式」などの基本的な用語の簡単な説明からリスクやスタンスについて読みやすい長さでわかりやすくまとまっておりました.私も成人式があったタイミングで確かに知りたかったと思いました.
書きぶりに引っかかるものはありますが、NISAを1番に持ってきているところはその通りでしょうね。使わない手はない。
まずは『ナニワ金融道』を全巻読破することをお勧めする。
20歳じゃなくとも、投資に触れたことのない人は、ぜひご一読いただけたらと思う内容です。

まずは、気軽にNISAから。
20歳に限らず!