新着Pick
212Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ジョブズを想い、ボブ・ディランやビートルズを聴きながらデザインしました。
アップルの企業スタイルがとても良く表れていますね。派手な買収は少ないものの、一つ一つの買収がプロダクトの強化に繋がっていく過程を時系列で見えて面白い。
意外にコアサービスを買収で手に入れている
M&Aなくして今日のAppleはない。M&Aの活用の仕方が日米で大きく違う。
Fact10が個人的には一番重要だと思っている。UI周りでハード・ソフト両面で必要な技術を、自社開発でなくても「自社のもの」としていて、特許の話にもつながる。
もう一つ重要な事実は、プロダクト出す前に自社の物としていること。つまり真似するために買うのではなく、作りたいビジョン・モノがあって、それを調達しに行っている。それができるかできないかが、イノベーションの境目だと思う。
相変わらず、わかりやすく入ってくるシリーズですね!
Fact10やFact15などは買収戦略=プロダクトとわかりやすい。Fact16、Mapもだいぶ改善されてきましたね。

個人的にはデジタルコンテンツはまだAppleはあまりうまく立ち上げられていない印象なので、Fact17、Fact20の効果は懐疑的です。そこを覆してくれることが一番の期待ですが!
Appleはみんな知ってるつもりでいるけど、実は知らない。
また、クック後の世界ではブランディング戦略に向けてApple Watchも絡めて人材の獲得も活発。サンローランから2人、タグホイヤーから1人、バーバリーから1人、またナイキから元バーバリーのムーサタリクを含め3人引き抜いている。
次に、各社がどの会社を買うかを、オッズを付けて予想するのも面白そう。サッカーくじのように。
過去の買収事例って調べるのにすごく手間がかかるんですよね。元投資銀行マンがたくさんいるUzabaseならではのコンテンツですね。
わかりやすい。ジョブズがやめてから、こんなに買収のスピードをあげていたとは。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
93.7 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
128 兆円

業績