新着Pick
488Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日のピケティナイトは良かった。色々と思うところはあったが、
1) 資本家と労働者という構図だが、米国など見ると上場企業の株主は、だいぶ前から機関(投資家)化が進んでいるはずで、機関投資家に資金を提供しているのは普通の労働者(市民)であることを考えると、むしろ資本家vs労働者という構図は弱まっているはず
2)マルクスの資本家が利潤を蓄積して云々とか、水野さんのいう金融資本市場におけるファンドなどの収穫逓増云々については、成功した資本家(ファンド)の陰で相当な数の失敗資本家(ファンド)があるという点をどう捉えているのだろうかと。資本家によるリスクテイクは平均(期待値)で言えば実はそんなに美味しくないゲームのはずで(ファンドのパフォーマンスでも統計のサバイバーズ・バイアスは有名)、そこに生き残った資本家が利潤を蓄積するのが問題だろうか、と。これを是正しようとすると有限責任性を否定とかしないといけなくなり、これもリスクテイクが減ってしまう。
3)米国のスーパー経営者の高額報酬は確かにガバナンスの失敗なのかもしれないが(アップサイド偏重の非対称的な報酬設計に問題があると思う)、ただこれも確率論的にもそこに生き残るまでの難しさを考えるとどうなんだろうかと。フォーチュン500の経営者になれる確率って天文学的に低いはず。
4) 昨日も少し触れられたが、日本で問題なのはサラリーマン経営者資本主義とも言える企業の現金の溜め込みで、これが大きな病理という意識を改めて持った。労働者にも株主にも分配せず、投資もせずで、膨大な資金が寝ているのが大きな問題。やはり日本ではもっと資本の論理が必要。
などなど、素人なりに色々と物思いに耽ったピケティナイトでした。
昨日のピケティナイトに続き、池田さんの連載がスタート。ピケティナイトでの、池田さん、広木隆さん、水野和夫さんの深く、鋭い鼎談の内容も、本連載に掲載します。
この理論が流行っているのは「資本家以外が損をしている」みたいなことを証明しているからだと思います。誰だって損はしなくない。
そこからどう展開していくのか。単純化されてデモにつながるのか、もっと根源的なムーブメントになるのか気になります。まぁ日本ではほとんど何も起こらないだろうけど…。
ブーム感もあるピケティ。解説の連載は超ありがたい。一応、NHKは録画しているがまだ見れていない。経済学部出身だったのでこういう内容は学生に戻ったみたいな感覚になる。
Nexus10だと、図が見えない。
池田先生、水野和夫先生と昨晩はピケティ鼎談、お世話になりました。NPでも記事になるのかな?併せてお読みいただければ幸いです。
昨夜のピケティナイトはすごく面白かった。最後の方にはマルクスに触れながら、アメリカのスーパーCEOの報酬におけるコーポレートガバナンスのところにまで。ピケティを透かして見えるのは現代の社会構造そのものかもしれない。
【読書】書籍販売ベースにおいてはp > i (ピケティの原著が池田信夫の解説本を上回る)という不等式が成り立ちそうだけど、読了ベースではi > p(池田信夫の解説本がピケティの原著を上回る。つまり、ピケティの原著は多くの人が挫折する)という不等式が成り立ちそう。池田信夫の著作や記事は何かと批判が多いようにも思うが、少なくとも彼の書く解説本や解説記事が「難しい」と感じられる経済学の専門書を大多数の人に「わかりやすく」説明しているという点において意味はあると思う。ただし池上彰同様、「わかりやすさ」にばかり注目してしまうと、自ら考えながら読むという習慣がいつまでも身につかないという点は指摘しておきたい。
経済学科出身ですが、もうマクロ経済学とか、財政学とか、もう、忘れた。唯一参考になったのは、人口学かなぁ。あとは、個人的に興味をもっていた、複雑系経済学。
池田さんのピケティ解説。分かりやすい。
この連載について
日本でも話題を読んでいる、トマ・ピケティの『21世紀の資本』。そのエッセンスと日本への示唆を、『ピケティ入門』の著者である池田信夫氏が、コラムと対談を通じてわかりやすく解説する。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア