新着Pick
302Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
厳格化すべきなのは教師の要件。教師がだめだから、学生もだめになる。
あんな授業で単位落とすほうが難しい。誤解してほしくないのが、日本の大学で言われる「厳しい授業」というのも
1.時間通り出席する
2.席に座って話聞く
だけでまず知識はつくし勿論単位もくる

そんな基礎的なことすらできない愚かな人間が現在の大学には多すぎる。留年してる人間てホント生き方を改めた方がいいと思う。
時間を無駄に使わせないでほしいね
方向性としては理解できなくはありません。ただ、具体的に何をすべきかとなると、目新しいことをする必要がないのも現状です。矢野さんのコメントにもある通り、単位認定をより厳密にするなどでも十分に対応できます。
私も大学に出入りしてますが、今の学生は少なくとも私たち以前の世代よりは勉強しますよ。もし、課題があるとすれば、知識を運用できるトレーニングが不足している面はありますが、そこはカリキュラムの見直しで十分です。変わるべきは、教える側の人間かもしれません。
教授の少なからずは研究が主と考えていたりしそうなので、教育の質向上はなかなか一朝一夕にはいかないかな。研究に向いた資質と教育に向いた資質が伴ってる人ってある意味スーパーマンだと思う。
そんな私は研究しない教員ですが。
僕は大学が自由な学びの場所であるべきだと思うし、結局カリキュラム通りのことしか学べないんだったら大学なんて行く気はしない。でも一方で昔に比べてダントツに暇つぶしがしやすいので暇だから本を読む、みたいな学びが減りつつあるんじゃないかなとは思う。変化が早く進む時代にはそこを理解する為の基礎体力自体も以前より基準値は上がっていて、その為のシステムとして機能するならばトライはしてみればいい。
大学当局や関係者はとにかく変化をいやがるという側面がある訳で、良いものというのは変化の中で磨かれて生き残っていくということを理解していない。
大学改革は重要ですが、その前に高校での教育の充実を図らないでは実現性が難しいのではないでしょうか。きちんと文部科学省が求める学力等を身につけるようにして大学に送り出さないといけません。同学年トコロテン方式に進級させるシステムも検討すべきです。
知識はすでにネットの方に集約されていると思います。学部レベルの大学は知識を得る場としての価値よりも人がいるというリアルの場所であるという利点を活かして、問題解決能力を高める場所として存在価値を高めるのがいいかと。
これもうほとんどの大学定めてるけどね。ディプロマポリシー。
卒業を厳格化することによって、何をしたいんだろう?社会に出て役に立つ人材を育てるのかな?学問を究めろということかな?新卒一括採用が日本企業の特徴である以上、企業側が求める人材を大学側が育てる?そしたら、学問は??と二律背反的になるような気がします。もしかして、大学の数が増えすぎたから、学費を確保するたろの文科省の施策???