[16日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コムは16日、音声アシスタント機能「アレクサ」を担当するデバイス部門で一部の従業員を解雇したと発表した。関係筋によると、アマゾンは小売部門や人事部門などで約1万人の人員削減を計画している。

14日に同社の人員削減が報じられて以降、実際に解雇が明らかになったのは初めて。これまで雇用創出で知られてきた同社の象徴的な分岐点となる。

アマゾン幹部はブログでデバイス部門の統合を発表した。対象となる従業員には15日に通知した。