新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
消えたときに黒くならないテレビ欲しい。壁面と同化するような。
人気 Picker
大きい事はいいことだ、は今は昔、今は「軽薄短小」こそが正義と。画面は広くなっているけど。

追記
こういう記事をPICKするとテレビ見ない方々が見ないとコメントしてくださる。私もあまり見ない派だったが、世の中の大半の人はテレビを見ているという事実を受け止めなくてはならない。今でも影響力は下がって来たものの、テレビの影響力はあるし、海外ではテレビの存在価値は更に高い。テレビ市場は伸びている。録画再生機のニーズが下がったという話も聞かないし、タイムシフト視聴利用などでリアルタイム視聴をする人が減っているだけだと思う。
テレビは更に薄く、美しく、画質は上がり、安くなる。その時にどこに利益の源泉があるのか?という話。ま、少なくとも残念ながら液晶パネルや有機ELパネルではなさそうだし、組み立て事業でもなさそうだ。
軽薄長大?
音の付加価値が、イヤホンやヘッドホンで手軽にそこそこの音質で聞ける事から、ボリューム(スピーカーで大音量で聞く)に変わったように、映像も大画面の付加価値は今後もある気がする。大画面大音量で見たいから映画館に行く人は多いわけだし。それをどう実現するか?やはり小型高精細大出力ののプロジェクションだと思う。これこそ、ハードに要求される技術領域。パネルとのコスト競争が厳しくはあるなあ。。。
軽薄短小は、日本のお家芸だったはず。軽薄短小でも、構造や機能の割り切りで達成するものと、延長線の改善の二種類があると思う。前者はウォークマンとかで新市場開拓、今回のは後者にあたるだろう。
軽薄短小となることが価値訴求できるか、そしてコスト増とのバランスが重要。持ち運ぶものは軽薄短小はUXの一部でもあるが、置物であるテレビはデザインでは価値が上がるが、UXはそこまで上がらないと思う。
スペック自体は顧客にはどうでもよくて、そのことによってどんな価値を提供できるようになったのか知りたい。
テレビは薄さ、ある程度重要だけど、注力ポイントじゃないし、もうあまり必要ないかと。今の薄さなら。
壁掛けなら薄さより重さですしね。
何か技術の使い方を間違っちゃった感じ。一回置いたら厚みわからない(笑)
物凄く軽くて薄いテレビ、良いと思いますけどね。

電源以外のコードはを無くせば持ち運びが容易になるし、張り紙を貼るような感覚でどこにでも設置できれば、テレビはもっと活躍出来ます。(テレビ放送を見るだけではなく、映像出力装置としても)

貼り付け可能なフレキシブルディスプレイが実用レベルになれば外に持ち出すのも簡単、これまで満たすことの出来なかった需要にも応えられる。
4Kもいいけど、個人的には有機ELがいいな。東京オリンピックが開催される頃にさらなる技術革新に期待です(我が家のテレビは未だにブラウン管)。