新着Pick
98Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
世の中こんなに車を求めている人がいるんだなと改めて驚く。この市場が大きく揺れ動くような革新はなんだろう。水素電池、電気自動車、小型モビリティ?
人気 Picker
トヨタ1022万台(前年比+2%)、VW1014万台(前年比+4.2%)。VWはトヨタが弱い中国市場が好調で4年前倒しでの従来目標達成との事。勢いはVWの方がありそう。
トヨタvsVWの闘いではなく、新興国での小型車ニーズ、エコ、電気等 新しい車への革新の闘い、原油価格減による混乱はあれ、この流れは変わらない次のクルマをめぐる波を先にサーフィンしきるのはトヨタであってほしい
2015年は、中国が減速しない限りは、市場ミックスなどを考えると、記事にあるように台数ではVW優位か。ただ、営業利益率はトヨタの方が高い(2014年1-9月期でVWは6.4%、トヨタも2014年1-9月期で計算すると9.2%)。これはブランドポートフォリオとして、VWがAudiを傘下に持ち、14年の販売台数は174万台。トヨタはLexusでたしか50万台くらいだったと思うので、高級車の方が利幅が大きい中で利益率で上回っていることはすごいことだと思う(ちなみにAudiは2014年1-6月期の営業利益率が10.0%)。
http://on.wsj.com/1tSvEMJ
VWについて、ググりましたら、↓ こんなものが…。14万円なだけあって、目次見るだけで、貴重なインプットがありました。

「ドイツVWの世界戦略」
http://www.fourin.jp/report/TheGlobalStrategyOfGermanyVW.html
自動車という大型ハードウエアというのは耀が、あらためて1000万台というのはスマホなどのモバイルと比べると規模感が小さいよね。数の多いほうが勝ち。
高級車はレクサス、中々うまくいかないけど、LSの認知とその上のクラスの検討ですかね。
個人的には利益は薄いけど小型車をトヨタにはがんばってほしい。
よく、スマホの新興国への普及は賞賛されるけど、公共交通網が整っていない地域への車の普及も世界が変わるので。環境問題とセットになりますが、だからこそ燃費性能がいいトヨタにはがんばってほしい!
EVとかFCVってNPでは好きですが、新興国は何だかんだで、ガソリン車なんですよね。
中南米で好調のトヨタ。ハイラックスを生産し、アルゼンチンでは一人勝ち状態。自社独自にローンを組むことが可能な金融会社を持っており、同国の工場は1997年スタート時2万台、現在9万台。8億ドルの投資も実行してる。新興国で今後どう伸びてくるのか。
別の記事で、テスラは現状年間3万台で、2020年の目標は50万台とあった。テスラのPR戦略がうまいから同等なように取り上げられることもあるけど、実際は簡単には埋められない歴然とした差がある。
中国市場で苦戦するトヨタは来年以降苦戦しそう。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM12H75_S5A110C1FF8000/?dg=1
秋原さんが提供してくださったURLが分かりやすいVW(フォルクスワーゲン)は、10年で大躍進ですね。トヨタも安泰としてられない訳だ。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
31.0 兆円

業績