新着Pick
106Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事で議論されていない点について追加で。

IoTによる様々なセンシングは既に多くの場面で議論されています。ただ、解決しなくてはならない課題がいくつか。

・電源の確保
センサ、計算機、通信にはそれなりの電力を消費します。太陽電池でよいだろうと思われるかもしれませんが、得られる電力はたかが知れています。さらに、天候が悪いときや夜間はどうするのだと言う話になると、蓄電池という話になるのですが大きさ、コスト、容量など様々な問題を抱えます。

例え話として、我々は不動産物件のセンシングの研究をしているのですが、空き家に大量にセンサを置きたいのです。不動産物件だったら電源が確保できる。そう思っていたら、意外な盲点が。空き家の間は当然内見の時以外はブレーカーから落としてしまうのです。じゃあ電源の確保どうするんだから始まり、喧々諤々の議論に発展しました。


・通信路の確保
ちょっとしたセンサデータをテキストとして送信するのならよいですが、画像や映像を送信しようとするとそれなりに大変です。そのための通信料金もばかりになりません。アップリンクはダウンリンクに比べて余裕があるのでそれを利用した低価格のサービスも出てきていますが、なかなか難しいです。
「グリーンイノベーションジャーニー」の動画でも取り上げられていましたが「農業×IT」が主流になりつつありますね。
私の知り合いで、実家が農家で「祖母1人でしているからもう終わるかもしれない、だから継ぐ」という方がいます。こういった農家の人手不足を解消できる技術はどんどん広まって欲しいです。
画期的な技術がもっと増え日本の農業が豊かになっていくことにワクワクします!
「地球上のあらゆる場所をセンシングすることは、河川の氾濫や森林の火災などの自然災害の予兆を検知することや、環境の課題解決にもつながるという。」
これはとても期待したい技術。
それにしてもスケールがすごいです。ソニーグループの最新のセンサー技術、通信技術、AIを使い、集めたデータを宇宙に飛ばして農家にデータを送信すると。壮大なプロジェクトです。
「あらゆる…」「全ての…」など、これを言ってしまうと、顧客もペインも導くことはできません。ビジネスにするのであれば、しっかりと、顧客とペイン、つまり市場を定義しなければ、収益は得られず、結果的に、どのようなよい取り組みやアイデアも、持続的(サステナブル)なものにはなりません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません

業績