新着Pick
129Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
Googleが自動運転車を売り、それ専用の保険も売る。ちなみに、車に乗って行きたい場所は、Google Mapが教えてくれます。
人気 Picker
先日、Longine泉田さんがPicksに書いてくれた記事でも言及があった自動車保険。動きがあるという報道が出てきている。
https://newspicks.com/news/770884/
さー、LINEの人材進出に続きこっちもきた。
プラットフォーマーたちのサービス進出。
我々ポータルビジネスと共存になるのか競争になるのか。両方でしょうが、本当に慌ただしい現在(-.-;)
NPで言えない色々がありすぎるけど、とにかくプラットフォーマーはかなり攻めに出て行く時期が来たのでしょう。
ついにGoogle自身が保険の比較サイトはじめちゃうんですね(報道が事実だとして)。Googleのプラットフォームの上で繰り広げられていたGoogle以外のプレイヤーによる競争にGoogleが割ってはいるという脅威。
攻めであり既存業界にとってはと見るのか、成長が止まりつつあるGoogleの迷走とみるかどちらの見方もあって面白い。
前者にたてばプラットフォームの覇権を握りいよいよ侵食開始というニュアンスだし、後者にたてばやむにやまれず展開となる
はてさてどちらが正しいのやら
これは、プラットフォームを利用してサービスレイヤーに稼ぎに来たんではなくて、保険サービスを使って更にプラットフォームを拡大しようとする動きだと読む、と面白い。
比較サイトか。Google独自のアルゴリズムで保険料出せるとかすごいなーと思ったけど違った。
Googleの価格比較は日本で大失敗して即撤退してます。アメリカではProgressiveという保険会社がすでに何年も前から他社の保険料と比較できるようにしてますし、保険料を横比較できるサイトは他にも一杯あります。
でかい市場からねらっていくところがアメリカ人的。アメリカの損保は5000億ドル市場。しかも意外なことに既存損保各社はネット経由での顧客獲得に苦労している。狙い目。
自動車保険販売というよりも比較サイトという印象。Googleの規模なら免許さえあれば何でもできてしまいそう。
Googleの目指すところは世の森羅万象を検索対象にするとであり、その一環だろう。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア