新着Pick

孫正義・「超スピード」仕事術の秘密とは 〈三木雄信(元ソフトバンク社長室長)〉

PHPビジネスオンライン 衆知|PHP研究所
《『THE21』2015年1月号より》   こと「スピード」という意味でまず思い浮かぶのはやはり、ソフトバンク社長・孫正義氏であろう。そのスピード感はどこから生まれるのか。秘書として最も間近で孫氏の仕事を見てきた三木雄信氏に、その桁外れのスピード感の秘密をうかがった。   ...
502Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
10秒考えてわからないならそれ以上は考えない。つまり、問題を細分化してわかるところから解くか、必要な情報を増やすなど、アクションを起こしましょう、ということ。そうすることで、無駄に待たせたり、考えたり、不安になる時間を減らせます。
人気 Picker
わかる。。
「 もちろん、部下は大変です。海外にいても時差なんてお構いなしですから(笑)。しかも、もしその人が呼び出しに応じなければ、「かわりにその件に詳しい部下を呼べ」ということになり、それで用が足りれば「お前はもういらない」となりかねません。ですからソフトバンクの管理職は常に、自分の担当分野について最新の情報を持ち、いつでも答えられるようにしておかねばならないのです。」
おそらく1日中こういう決断をしつづける人生を何十年も続けて培われた技。これぞ本当の経営者だよなー。
この記事、めちゃ勉強になりました!→ソフトバンクでは「検討中」という言葉が使われません。万一、孫社長の前で「その問題は検討中です」などと言おうものなら、こっぴどく怒られます。考えてわからないなら、必要な情報を集めるための調査を始めるべき。「その件に関しては、他社動向を調査していて、その結果がいついつまでにわかります」といった答えが即座にできなくてはならないのです。
ここまでドラスティックにはやらないけど、社会人なりたての子って、結構突き詰めて考えてしまう傾向が多いです。
よく「考えて答えが出るんだったら、数分で答えでるよ」いったん、別のことやりな、とはよく勧めます。考えるよりディスカッションした方が意外と自分の考えもまとまる。「伝えよう」って思うことって、まとめる能力を最大限働かせてると思います。
ま確かに「ちょっと考える」と言っちゃいそうな件は大抵の場合本当にやりたいこと、やらなければいけないこと、ではない。ならば即決。
基本的に日常的に意志決定の為に必要な思考をしておくことが大事。悩む必要はない。
そしてわからないものは決めない。分からない時点でそれまでの過程で思慮不足。
分かる範囲を増やす為に日々条件分岐と意思決定を鍛える。
「検討しています」はあり得ないという話。
仕事していて気持ちいい人はこれ言わない。
実感値高い。
ソフトバンクアカデミアにいたときに何度かおあいしたが、孫さんはホント物腰柔らかい。話しにチカラあるけど怒らない。私は彼の怒らないところが好きだなー
確かに検討中って言いながら期限ギリギリまで全然検討してない人が多いのはよくある事。
今日から使えるライフハック「10秒以内に決断する」
ソフトバンクグループ株式会社(英語: SoftBank Group Corp.)は、孫正義によって創設された新興財閥であり、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。日経平均株価およびTOPIX Core30、JPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
10.7 兆円

業績