新着Pick

<マクドナルド異物混入>取締役が「謝罪会見」 ビニール片や歯など4件を報告

弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
275Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
最近騒ぎすぎかなと思う。みんな暇なのか、余裕がないのか。
人気 Picker
マクドナルドの記者会見に参加していますが、社長ではなく「代表権のない取締役」による会見のため、全般的に歯切れが悪い回答が続いている印象です。

「どのようにお考えですか?」と問われても、立場上、はっきりした意見をいいにくいのでしょうか。

メディアの人間としては、やはり、サラ・カサノバ社長に出てきてもらいたかったですが、会社の判断として、それはリスクが大きいと考えたのかもしれません。

最近の食品業界、外食業界における「異物混入事件」の乱発は異常。和光堂の離乳食にコオロギが入ってたり、そんなんばっかり。本当にメーカー側の製造過程・調理過程で混入したのか、それともバカなネット民がイタズラ半分でネットにアップしてるのか、最早何を信じれば良いのか分からない。
可能性として、①原材料、製造過程、店舗での調理段階のどこかで混入した、②第三者又は客による混入が考えられる。マックよりも、放射線物質を含んだ様々な食品による内部被曝の方が怖い。なぜなら、健康被害は低線量のゆっくりとした濃縮によって起こるから。
注目度やソーシャルメディア等での事後の情報拡散力があがっただけで、特にマックだからとか頻度が増えたわけでは必ずしもないのでは。
カサノバ氏が出席しない所にマクドナルドの病巣がある。彼女がトップにいては、マクドナルドの再生は無い。
このままでは、第二の野中氏になる。能力が無い者は、その地位に就くべきでは無い。女性の敵は、やはり女性である。
そもそも確率論としては数百万分の1というレベル。でこのレベルの恣意的でない異物混入を無くせという話になると、市販されているものでリーズナブルなものはおおよそ無くなってしまうと思います。
メディアは部分を全体のようにクローズアップするもので、ある種の事実提供ではあるが見ようによっては有害で、どのサイズかという概念は我々のリテラシーが問われている気がします。
ここまで来ると、逆に同情してしまう。
昔のミミズ混入思い出した。マクドナルドは反省をすべきだが、これ以上、変な方向に行かないことを祈ります。
歯のインパクトが強すぎるから他のを自分から混ぜ返して薄めた印象。さすがはペヤングと違って広報強いなー。歯切れ悪いけど失言も少ないし。
個人的には過剰報道と揶揄されている一連の報道は良いことと思う。マスプロばかり追求する従来のビジネスモデルにクオリティという選択肢が参入可能だから。一昔前はマクドナルドに勝てるベンチャーなどあり得ないと言われていたが、今からなら参入余地がある
日本マクドナルドホールディングス株式会社(にほんマクドナルドホールディングス)は、東京都新宿区西新宿に本社を置く持株会社である。J-Stock銘柄。米国マクドナルド・コーポレーションの持分法適用関連会社(affiliate accounted for under the equity method、49.99%所有)。 ウィキペディア
時価総額
6,714 億円

業績