新着Pick
217Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
投資するなら、若い世代に無茶させてやればいいのに。
人気 Picker
「内部留保」という議論はやめた方がいい。要は、余剰現金の議論。しかし、振り返ると、銀行の貸し渋りや貸し剥がしがあったことも、余剰現金を持つ要因になっていることを忘れてはならない。雨の日に傘がないので、持たざるを得ない面がある。
内部留保=金庫に金がある、と勘違いする「あるある」ネタだが、現金を十分に成長のための投資に回せていない企業があるという点においては、意外ながら(笑)正しい。しかしそれは金が大事で「守銭奴」だからではなく、「リスクを取らず現状維持で良い」というメンタリティによるもの。スチュアードシップコードなどで外部株主からの圧力でもないと中々変わらないでしょうね
失言を肯定はしないが、麻生氏の失言が多いのは、それだけ自分で考えて発言しているからだ。周囲が作ったルビ付きの原稿を棒読みする安倍首相より好感を持てる。
まあ、赤字になったら銀行は金貸さないからね。日銀が金融緩和しても貸し出しには回らず国債に回るだけ
麻生さん節。マスコミフィルターを思い知ったので、1/3くらいにとらえておく。
たしかに守りの企業も多いですが、攻める先が分からない企業も多いのでは?
だから、内部留保を何年以上ためておくと課税とかして、使える先を知っている人に回せるようにしてほしいです。
本質。内部留保を貯めあげるのは経営者として失格なのだ。
仰りたいことはわかるのですが、失言と受け取られるないしは一部で切り取られる可能性があることには注意していただきたいところです。
それはともかく民間企業が内部留保を蓄積するのは守銭奴だからではなく、まだわが国のマクロ経済環境が内部留保を吐き出すところまで至っていないのが原因でしょう。
それこそ麻生氏の所轄の財政政策が不十分だからだと思います。
二の足を踏む民間企業を無理やり動かそうとする前に政府がまず公共投資を増加させる等の措置を積極推進して、内需主導型の経済成長に政府が本気であることを証明しなければ短期的に内部留保を動かすのは難しいのではないでしょうか。
とにかく、日本はかつての時代より面白くなってきた!これから、色々なことについて本格的な議論が出来総だ。下記のケメントは当たっているのが多いと同時に、会社によって麻生大臣の(余剰現金・ノンコア資産)について言わんととしていることも、使った言葉の悪いニュアンスは別として、当たっている。とにかく前の時代には、この問題は殆ど話されなかった。この意味で、嬉しいです。
企業が金を投資に回さないのは、設備投資をして、売れるあてがないからでしょう。誰だって、売れるあてがあれば、設備投資をします。やはり、人口減少時代の経営判断で、正しいんじゃないですか?
レバレッジには功罪があるが、レバレッジを利かせないとROEは上がらない。しかし、日本企業の場合は借り入れを行えば銀行支配下に置かれるリスクを負う。それが内部留保を厚くせざるを得ない原点だ。