今日のオリジナル番組


詳細を確認
成功企業に学ぶ「令和のマーケティング戦略」
本日配信
122Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
異常事態かもしれないが、方向性は真っ当だと思う。
最低賃金に追い上げられて、正社員給与も上げざるを得ない状況を作るのも、最低賃金を上げている目的の一つでは。

社員がみんな給与上がらない不安と不満を抱えた状態で、一部の経営層の判断だけで、筋の悪い事業アイデアに大企業の金銭感覚でじゃぶじゃぶお金使ったり、CVC作って独立系VCや金融系VCの後追いでベンチャーに張るより、自社の社員に投資する方が、よっぽど良いバイブスが生まれる気がする。
本来会社の方も「無い袖は触れない」はずなので、賃金を上げるのは利益が増えるような経営体制になったからだったり、生産性が向上した結果であるべきなのではないかと思います。
それが今は行政の最低賃金がアップすることに合わせてというのは、そういった状況に追い込まれてい企業の経営は大丈夫なのかなと不安になります。

採用の観点からも、よほどのはたらきやすさなどを提供出来ない限りは、最終的に給与がかなりものを言うので、企業の経営者は給与水準をどうやって戦略的に上げて行くのか、というのを経営計画に入れ込むべきかと思います。
初任給を低くして勤続年数に応じて賃金を上げていくという仕組みがおかしいのです。

スキルを持っており業績に貢献する従業員の賃金を(年数に関係なく)高くできなければ、外部から有能な人材を集めることはできません。

従業員側としても、高賃金を得るためにスキルアップしようという意欲が湧きますし…。
最低賃金は私たち学生に直結して影響するのでよく耳にしますが、高卒初任給に迫るという視点はありませんでした。しかし急激なインフレに追いつくのはかなり難しいものの、こうして最低賃金がここ数年で上がっていることが明らかに実感出来るのは政府の努力が見えていいと思います。その一方で企業は苦しめられているので、その視点からも考える必要があると感じました。
最低時給が上がっている中、正社員の初任給の現状についてまとめらています。

バイトの時給が上がる下がるについては学生ということもあり周りの友人と話題になりますが初任給についてはあまり意識してませんでした...。
行政の決めた数値でケツ叩かれて対応するというのは日本の組織的。しかし、最低賃金て、ほんとに最低なはず(記事中にも中卒の賃金として決められた経緯載ってる)なのに、正社員なのに最賃下回るって闇しかない。
政府は、賃上げを民間にお願いするなら最賃を上げるだけで強制的に底上げはできる。人件費高騰による値上げも増えるかもしれないけどね。しかし、高騰って言っても簡単に下げられるものではないのが賃金。
人材紹介の国内大手。転職、派遣、アルバイトなど広告型求人サイトを幅広く運営。アジア中心の海外展開や、採用領域以外への事業拡大などに注力。
時価総額
1,363 億円

業績

Amazon is a leading online retailer and one of the highest-grossing e-commerce aggregators, with $386 billion in net sales and approximately $578 billion in estimated physical/digital online gross merchandise volume in 2021.
時価総額
250 兆円

業績