新着Pick
183Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日、湘南に新しく出来た蔦屋書店に行ったけど、素晴らしく右脳が刺激され、思わず買う予定でなかった本や雑誌を大人買いしてしまった。リアルな書店は利便性の価値ではもうアマゾンには勝てない。この偶発的な出会いを生む場所としてセレンディピティを徹底的に磨くしかないと思う。
昔は疲れるまで書店でうろうろしたものだ。最近行かなくなった。本屋に行くと必ず、新たな発見がある。久しぶりに行ってみたい。
なんでAmazonじゃだめなんだろうかね
消えて無くなるのは、社会が「今の本屋」を必要としてい無いと言う事。
「街の本屋を守ろう」なんて話は、甘え過ぎ。
今こそ、本屋にイノベーションが強く求められています。
私だけでなく志ある書店人は、本を求められるお客様のその先まで考えた本屋の業態転換に取り組んでいます。
時代の変化に対応出来無い企業は、例外なく社会から消えて無くなるだけですから。



地方だけでなく、都心でも本屋は激減して、ニッチな趣味的な人の為の存在となるでしょうね。
小学校、郵便局、お寺は1万から2万とコミュニティーの数だけ存在しました。今はコンビニがその数を上回っています。まちの書店もそうだったのでしょうが、漫画しか売れないのでしたら、コンビニに変わられてしまいます。
興味ないと思っているものに目を向ける時間は絶対に大事。

本屋がない街では偏った子供しか育たないと思う。
先日東京に行った際、初めて代官山蔦屋書店に行った。とても心地良い空間だった。梅田さんも書かれている通り、素晴らしく刺激を受けて、つい大人買いをしてしまう空間を作っていくことは必要だと思う。
地方都市では武雄市の様な挑戦もありだと思う。
リアルの本屋が無くなるのは残念。昔は、本屋のオーナーがこだわったて仕入れた本が置いてあったなー。
昨日、講談社が全漫画雑誌を電子書籍で販売するというニュースがありましたが、その影響もあってか書店がない自治体も出てきている。

昔、物流が今ほど発展していない時はジャンプの発売日が地域によって異なってましたが、物流が発展しても書店がないと新刊どころか本が届かない。

より電子書籍化を進めて、地方でも同じように読めるようにすべきか、やっぱり紙の本で手にとって読めるようにすべきか。