新着Pick
118Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自動運転なんてまだまだ先の話かと思っていたら、想像以上に研究が進んでいたので驚きました。

と同時に、この相場環境悪化の中でのIPOの決断はすごいと思います。企業価値が下がったとしても300億ドルで4兆円越え。
大型IPOに期待が高まるばかりです。

また、今回のIPO概要からモービルアイの事業内容まで非常にわかりやすくまとまっており、読みやすかったです!
記事の最初の方を読んでいると「なーんだ。トヨタもスバルもにたようなことやってんじゃん」くらいの認識でしたが記事の後半に読み進めるにつれてMovileyeのすごさがひしひしと伝わってきました。
圧倒的な公道走行実績を持ち合わせているのであとは時間の問題なのかな、と思ったりもします。一方で、センサー・カメラ合わせて20個前後となるとどうしても問題となるのはクルマとしてのデザイン面です。とくにセンサー類は高い位置に設置した方がセンサーとしての効果を発揮しますがそれはクルマのデザインを損ねると共にクルマの高重心化による走行安定性の低下、空気抵抗増加による燃費の低下などデメリットが存在します。それをどのように解消し市販へこぎ着けていくのかに注目したいです。
お友達の自家用車がテスラになり、テスラの自動運転を何度か体験したことがあるのですが、すごいです。本当にスムーズです!

しかし、問題点もあります。自動運転機能を切った瞬間に、少しスピードが落ちたり、運転が左右にブレたりします。ハンドルを持っていないと警告が出るのですが、気をつけていても危ないかもと思う瞬間がありました。

記事にあるように、高機能コンピューターやクラウドへの映像管理もより安価に高精度になってくると、現在地点などもより明確にわかるようになり、上記問題点が改善されるかもしれません。ますます自動運転が安全かつ快適になっていきそうです。
Mobileyeは自動運転の前に、
現在多くの自動車に搭載されているADAS(先進運転支援装置)のシェア80%とも。

当然強いですよ。
SoCの集積度の進展と、膨大なデータベースを持っている点がハード面とソフト面共に注目される理由かと感じました。
今後、自動運転は確実に飛躍していくと思うので、その要であるSoC事業との相乗効果は確かに注目したいです!
ソフトウェアだけでなく、ハードウェアやSoCまでカバーしているので、人気がありますよね。

ある意味、自動運転ビジネスの垂直統合を実現できているのがMibileye。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ちょっと楽しみ
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.08 兆円

業績

業績

時価総額
8.32 兆円

業績

時価総額
83.6 兆円

業績

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
5.98 兆円

業績

インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
17.5 兆円

業績