新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
消費増税がもう少し適切なタイミングでなされていれば、結果も違っていた可能性があると思います。
惜しむらくは、在任初期にインフレ期待の形成がうまくできなかったことだろう。予め時期が定められていた消費税の増税をも利用して、物価の先高観を演出すればよかったと思う。消費者心理にとって、消費税増税だろうが、原油高だろうが、物価上昇の理由は関係ない。それとともに、金利の先高観も必要だった。それを意図した政策は、在任初期にはあったが、在任中期以降YCCなどでますます金利低下の印象を植え付けてしまった。出口は遠い。
経済の実体が弱い中でマネタリーベースを増やしてもマネーストックは増えず銀行の無駄な準備預金(ブタ積み)が増えるだけ、岩盤規制の撤廃等を進め経済の実体を強くすることが先決との声もあるなか、インフレデフレは貨幣的現象だからマネタリーベースを増やせばマネーストックが増え、インフレ期待が高まって需要が増えて日本が成長するとの見解に乗ってマネタリーベースを2年で2倍、長期国債の保有を2年で2倍、長期国債の平均残存期間も2年で2倍、そして2%の物価目標を2年程度で達成するとして始まった異次元の金融緩和。円安・株高は起きたけれどインフレ期待は高まらず準備預金ばかりが積み上がり、マネーストックが増えたのは新型コロナ禍で企業の資金繰りが悪化して資金需要が増えたから、インフレが起きたのはロシアのウクライナ侵攻等で資源価格が急騰し円安が重なって輸入に頼る原材料が値上がりしてからというのが実相でしょう。
10年の長きに亘って異次元緩和を続けた結果、低金利を利した政府の赤字と借金、日銀保有の低金利の国債、低金利を利した変動金利住宅ローン、日銀が日本の筆頭株主になるほど買い支えられた株価等々の歪が随所に生まれ、この先インフレが昂進しても、金利を上げることさえ出来ない状況が生まれています、
「道半ば」とありますが、目的地への経路を見いだせないまま当初とは違う道に踏み込んで、行き着く先の見えぬままひたすら歩み続けた10年であったように感じないでもありません。2年と期限を切って始めたものが10年経ってなお達成されない状況が、果たして道半ばと呼べるものなのか (・・?
次の総裁がどのような形であれ出口を探り始めたら、あるいは出口を探ると受け止められたら、日本経済にかなりの動揺が走りそうに感じないでもありません。動揺が起きぬよう、先ずは交代が恙なく進むといいですね (^.^)/~~~フレ!
金融緩和してるのに、財政健全化を同時にやろうとするような
政策の意味をわかっていない財務省と、多くのダメな経済学者のせいですよね
いまにして思えば消費税増税によってディマンドプルの経路が厳しくなったのが大きかったですね
消費税増税は消費者にはコストプッシュインフレの効果として実感されます、それですと現在の原料高騰による物価上昇と似ていて、本来的な目的であるGDPギャップを埋められないままリセッションが続いてしまう可能性があります
日銀には雇用のマンデートは明記されていませんが、念頭には景気=雇用があり、GDPギャップの拡大は雇用減を招きます
だとすれば、もしコストプッシュ的に物価目標さえ達成すれば良いという方策があり得たとしてもなんのための物価目標なのか、ということになります(昨今黒田総裁が繰り返し言っていることはそういうことです)
黒田総裁後に数字合わせだけの日銀になってしまうと国民は景気の良くないなかで物価高に苦しむことになるかもしれません
なによりも黒田氏がそれを危惧していると思います
安倍さんと黒田さんの政策は間違いではなく、景気回復する前に消費税を増税してしまった財務省の馬鹿どもが悪い。
金融と財政のpolicy mixで歩調を合わせて経済成長路線を突き進むはずが、消費増税をはじめとしたちぐはぐな政策実行によって梯子を外されてしまったのが惜しまれる。
今日で黒田総裁の任期はあと半年となったとのこと。
退任が確実視される中、日本以外は金融引き締めを行うなど金融政策も転換期にあり、また賃金増の達成など課題多い中の退任になりそう。
【経済】金融緩和策の是非は別として、黒田氏が「道半ば」になってしまったのは、政府・財務省が消費増税を行い、機動的な財政出動を行わなかったからであって、これは日銀の責任範囲ではない。黒田氏としては自身の信念に基づいて、日銀の責任範囲でやりたい政策をやったわけで、それに対して政府・財務省の協力を得られなかっただけの話。

政府・財務省が財政規律重視の立場ならば、日銀総裁や政策委員にその立場の人を配置すべきだったはず。財政規律重視なのか、金融緩和重視なのか方針がはっきりせず、方針に合わせた人事ができないことが最大の問題で、中途半端な人事をしている限りは、首尾一貫した財政政策・金融政策などできるはずがない。
物価上昇は達成したじゃん
大体、物価上昇して金利が低いままなんてありえないんだよ