新着Pick
122Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは英国のタイムズ紙が報道を始めたことで、主な根拠は、核兵器の運用に関わる部署の装備(衝撃への耐久度を上げた兵員輸送車など)を運搬する列車が、ロシア中部で目撃されたという情報です。
 単に通常の戦闘に使うためにこの部署の兵員輸送車が持ち出されただけかもしれないし、証拠というには不足していますが、ウクライナでは、ロシア軍の核兵器使用のうわさが広がり、キーウ市など、各地でヨウ素を配布するなど、対策をとろうとしています。
今春、ロシア軍がウクライナ国境付近に終結し、侵攻が迫っているとの情報が出る中で、多くの識者は、いかにプーチン大統領でもまさかそこまではやるまいと見ていたように思います。その予想があっさりと覆り、ウクライナは侵攻を受けました。
今回も多くの識者はまさか核兵器を使うことはなかろうと見ているようですが、前回のことがあるだけに、”まさか”が起きないとは限りらないところが不気味です。NATOが核の脅しに屈して支援を止めて領土が割譲されるようなら、米国等の核の傘を頼りにせざるを得ない我が国を含む非核保有国はロシア、中国、北朝鮮といった核保有国からの脅しに対し抵抗する術を失います。そうした核保有国に囲まれているだけに、危機感が募ります (・・;
もしプーチンがどんな形にせよ核を使ったら、中国がどんな反応をするかで極東の安全保障上の緊張感が一気に高まります。日本も非核三原則、憲法9条、専守防衛などを早急に見直す必要が出てきます。
既に米国防総省はこの報道内容を否定しているし、今の段階で核実験を行う理由があまり見当たらないので、やや先走った報道という印象。
NATO加盟国に対するけん制、駆け引きの一環とはいえ、プーチンという人は人の命を軽々しく見過ぎている。自らの言動や政策によって人の命を奪うことが、ロシアという国家にもたらす弊害や後遺症に対する、為政者としての自覚が極端に乏しいように見受けられる。台湾統一という文脈で、「中国人は中国人と戦わない」と公言する習近平は、軍人、市民を含め、多くの「ロシア人」を殺している盟友・プーチンの言動をどう見ているのだろうか。
イギリスにとっては、ロシアの核の動きをいち早く掴んで報道することが大事なんです。

ロシアだって自分が侵略しようとしている地域で核を使いたいわけがありません。
で、本当に核を落としてやりたいのはアメリカでしょうけれども距離がありすぎますし、その後のことを考えたら自爆行為です。
そうなると、狙いやすくて効果も高いのはNATOの中で影響力があり島国であるイギリスか、東側で国境を接していて米軍基地も置かれている島国の日本が可能性大になります。

日本はそこまで強気に経済制裁をしてきてはいないですし、北方領土の問題も今は鎮火しているし、一度核を落とされてる国だし、今回はターゲットにされないでしょう。
そうなると、イギリスはまず「自分達は核の動きを監視しているぞ」というアピールが必要になってきます。

ロシアの核についてイギリスの研究や報道が活発なのは、こうした防衛面での意味合いが大きいです。
北朝鮮のミサイル発射はロシアと示し合わせたものなのか単独なのかも気になるところです