新着Pick
244Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
紙ストローの導入は英国マクドナルドなどで先行していますが、強化された紙がリサイクルできないことが報道され批判が起こったり、シェークなどが飲みにくいという理由でプラスチック製に戻すよう署名が集まったりと難航している様子です。

一方で、ここでは紙製への切り替えではなくストロー自体を有料化したり廃止したりすべきではないかと多くの方がコメントされているのを見ると、日本での意識の高まりを感じ嬉しく思います。

すでに脱使い捨ての要請が厳しい国(フィリピン一部地域など)ではドリンクは蓋なしストローなしの提供もされており、マクドナルドも地域の状況に応じた対応をしています。
本当に必要なシーンでない限りは「紙ストローも必要ない」「実は蓋も必要ない」といった気持ちを表に出していけるとよいと思います。
うーん、確かにそれでプラスチック利用は減るんだけど、紙なら良いのか?。環境問題でいつもぶち当たる疑問だ。

確かに、紙ストローにして再生するのであれば、目的に叶う取り組みなのだろうが、焼却するのであれば、それはそれで森林伐採が進むわけだし、サスティナブルとはいえないのではないか、と思うのだ。「プラスチックを使うと怒られるから、とりあえず紙に逃げよう」だとすると、あまりいただけない。

あるべき姿が「できる限り環境に優しく」なのであれば、それこそストローを使わない飲み方を推奨すれば良いと思うのは、私だけだろうか?(ホット飲料は最初から使わないわけだし)
こうやって木材の需要が増えるわけですから、森林率先進国第二位の日本もドイツのように林業にテコ入れした方がいいと思います。
スタバの紙ストローで毎回感じるのですが、プラスチックの方が快適。微々たるものでそこを気にしても仕方がないとは思うのですが、ポーズとしても大事なのもよくわかって難しいところです。
マクドナルドは昨年MSCIによってESGのスコアが上がったが包装材や廃棄物に関する変更の結果、収益に対するリスクが減少したことを反映している。しかし、同社のGHG排出量は2015年から2020年にかけて16%増加。これはESG評価機関MSCIのスコアでは財務リスクとみなされない。

ESG評価機関は企業の環境や社会的責任をスコア化しているのではなく、炭素排出のような要因が企業の財務パフォーマンスにどれだけ潜在的な悪影響を及ぼすかを測定している。

ブルームバーグがESGスコアが上がった155社に対して行った分析によると、排出量の削減が要因だったのは1社のみだった。

このシステムはウォール街にとって都合がよい。評価機関は顧客にたくさんの銘柄を提供できる。金融機関は社会と地球に貢献しているよう見せかけることができる。従来のインデックスファンドと異なり、投資家の良心に訴えるため、高い手数料を課すことができる。

現在のESGシステムは通常の資本主義の最も巧妙なものであり、利益のための巧妙なマーケティングに過ぎない。
私は、なんでもストローを刺すファストフードの風潮が以前から嫌いで、蓋を開けてコップからがぶ飲みする派です。マックシェイクはもう少し流動性を上げてストロー無しで飲めるようにしたらどうだろう?ストローを紙にするより、そもそもストロー不要な商品にすることを、マックに提案したい。
松沢さんの
>本当に必要なシーンでない限りは「紙ストローも必要ない」「実は蓋も必要ない」といった気持ちを表に出していけるとよいと思います。
というコメントを読み、つい一昨日、某ファーストフード店でSサイズの飲み物を買って「ストローいりません」と言ってストローを断ったことを思い出しました。これまでは「出されたんだからいいか」と使っていましたが、ゴミを減らすという明確な意思が私の中に芽生えてきて、勇気を出して断りました。(結局蓋を外して飲んだので、本当は蓋も要らなかったのですが・・)
導入企業が増える事で紙ストローの1本単価がどの程度プラに近づいてくるかも気になります。
個人的には、紙ストローを使うのであれば、カップから直接飲みます。
やはり、紙ストローは紙の味がしますし、ゴミ削減の為ならば、使わないのが一番だと思っています。

滅多に飲みませんが、シェイクは悩みますね。
カップに口をつけてシェイクを飲めるのかしら?
少々値段が高くなっても、紙ストローの導入には賛成します。
マクドナルドとなると、このような行動自体は、環境負荷の減少になり、歓迎されます。
多くの企業は同様な行動をとってもらいたいです。
日本マクドナルドホールディングス株式会社(にほんマクドナルドホールディングス)は、東京都新宿区西新宿に本社を置く持株会社である。J-Stock銘柄。米国マクドナルド・コーポレーションの持分法適用関連会社(affiliate accounted for under the equity method、49.99%所有)。 ウィキペディア
時価総額
6,834 億円

業績