新着Pick
158Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
質実剛健なブランド、という印象でした。上質でストーリーのあるモノにこだわる男性に支持されていたように思います。

時代が皮革製品から脱却する方向に向かっていることの影響も無視できませんが、デザインやPRをアップデートすることで生き残ることも可能だったのではという残念な思いも残ります。「復活」もありえないことではないので、レガシーは参照できるようにどこかに残しておいてもらいたいです。
クラフトマンが作り出す製品には憧れを持つもので、後継者不足という理由で
こうした伝統と歴史多きブランドがなくなるというのは残念なニュースです。
僕に伝統という名の格好良さを教えてくれたブランドでした。ただただ残念。
理由は後継者不足とのことですが、イギリスでは全般的に高級ブランドは厳しくなってきています。

ひとつはBrexitによる人材不足と技術の流出。
ふたつめはコロナ禍で中国人が減ったことによる消費減。
みっつめは燃料高にはじまる経済不安での買い控え。

日本ではニュースにならないかもしれませんが、イギリス初のブランドは「実店舗を次々に閉鎖」「海外からの撤退」が続いていて、今やオンラインショップで細々と続けている…というところが多いです。
日本でも有名なところだと、Cath Kidston、Laura Ashley、Aspinal of London、Orla Kielyなどです。
「Whitehouse Cox」がまさか。衝撃的です。日本ではブライドルレザーの代名詞といえば「Whitehouse Cox」という時代がありました。後継者不足のようです。
https://griffin.cx/topics/221001_whc_information.php
日本も様々な分野で後継者不足が騒がれているような感覚を覚えますが、まさかイギリスなど他の国も例外ではないというのはなんだか世界全体が高齢化しているような感覚を覚えるので残念です。

何もかも新しいものがいいというわけでもなく、人は古いものに一種のノスタルジーのような感情や同じものを長く使い続けることに愛着を覚える生き物のように思います。恐らくこのブランドも同じように長く使い続けている人がこのブランドの存在自体に愛着とノスタルジーを感じているのだと思います。
これは残念。後継者不足ですか...
株式会社コックス(英語: Cox Co., Ltd.)は、東京都中央区に本社を置くイオングループのカジュアルファッション衣料専門店。 ウィキペディア
時価総額
44.3 億円

業績