新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Stadia終了、19年末〜23年頭で3年強でしたね。

コレですよ、GAFAがコンテンツ企業になれない理由は。
最初はコンテンツ収集ですごいバラマキもあったけれどやっぱりもって5年、、、ですよね。
やはり… まあ予想通り。強いファーストパーティコンテンツがないと厳しい。Appleも同じ。

【悲報】Googleのクラウドゲームサービス『Stadia』2023年1月18日でサービス終了へ!利用者には全額返金対応予定
Googleはサービスへの見切りが早いから、なかなかこういうのに乗っかりづらいんだよなあ、といつも思う。でも全額返金があるのでユーザとしては全然良さそう。
ちょっとこういうムーブで信用失いすぎだよね、と思うので、新しいビジネスがどんどん生み出しにくくなってそうな……。
発表時はかなり期待していたんですけど残念ですね。
クラウドゲーミングはゲームの普及に対する貢献の期待が高いものの、反面、競技には向かないので(よくわかってない人への説明が難しく)扱いが微妙なだけに、今後の動向はウォッチしていきたいところです。
日本で始まる前に終わってしまった。
自社コンテンツの製作が頓挫し、外部企業も優先するプラットフォームがあり、技術的な課題もあったと思うが、サービス終了は残念。
サービス終了、ストリーミングの形式に対する批判等ありそうだけど、Google Waveの様に後々に姿を変えて技術が活かされるケースもGoogleにはある。(良くも悪くも)

ストリーミングプラットフォームとしては失敗。
Google Cloudとして見た時に、ストリーミングゲームのサーバーとして、Stadiaの知見(失敗したが)が役に立つと無駄では無かったとなるか。
現ユーザーは、今やりたいものがたくさんあるところに集うもの。一方、ゲームストリーミング、かつ特定のゲーム機に依存しないスタイルへの挑戦は、既存の構造に間違いなく影響を与えるものであったと思います。今後この形態のアップデート版であったり、別の形態であったりで、今回の試みが生かされることに期待です。

>期待したほどのユーザーの支持を得られなかったため
>人気タイトルの移植はなく、ここ数カ月は新作ゲームのリリースも減っていた
発表された時は鳴り物入りで

日本のゲーム関係者は
戦々恐々されていたと記憶しています。
ゲームプラットフォームからメタバースプラットフォームに鞍替えするだけでしょう
メタバースの弱点の一つがアクセス方法によるコンテンツの差異なので、Stadiaのストリーミング技術はうってつけなのですよね

コンテンツプロバイダもメタバースが流行すればそっちのコンテンツを制作しはじめるので、結局あまり変わらないでしょう
googleは終了するサービスの多さが今後ローンチ初期の参加者を躊躇させないか心配になりますね
2019年発表時の私のコメント

2019年03月23日「いや、このサービスは凄いですよ!日本での導入はまだまだ先ですが、楽しみにしています。」

2019年06月07日「PSNとダブル課金はもったいなく感じるので、日本で始まったらどちらかを選ぶだろうな。」

期待はしていただけに残念ですが、PSNとXBOXだけで十分という感じもします。