新着Pick
1Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
【経済】最近よく目にするようになった、「厚生年金で国民年金の穴埋めをする」という話、世のサラリーマンはもっと真剣に考えた方がよいと思う。月々の給与明細を見ればよくわかるけれども、大抵の人は所得税よりも、住民税よりも、健康保険料よりも厚生年金保険料が最も多く天引きされているはずである。ちなみに厚生年金保険料の他、健康保険料と介護保険料(40歳以上対象)については、自分自身が負担している金額と同じ額を会社側も負担しているわけで、これらの保険料は給与明細に表れている金額の2倍が自分に掛けられていると認識した方がよい。(会社負担にはさらに子ども・子育て拠出金が加わる)。

「厚生年金で国民年金の穴埋めをする」という発想が生まれるのは、厚生年金の加入者とその勤務先が給与や年齢に応じた厚生年金保険料を支払っているのに対して、国民年金の加入者が一律16,500円/月の国民年金保険料しか支払っておらず、原資に大きな差があるためである。高額の厚生年金保険料を支払ってきているのに、資金力のない国民年金に流用されるというのはちょっと納得がいかない。