新着Pick
325Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国会議員に「全権委任」しているわけではない。

自分達が選んだ「政府が決めたことだから、素直に従う」というのが、民主主義ではない。政府が決めたことも、時には間違いが起こる。その時に声を上げることは、とても大切だ。

数年に一度の選挙によって選ばれた人たちが、その間に決めたことに異議を申し立てる仕組みがないことは大きな問題だ。間接民主主義を補完するためにも、本来は直接民主主義の国民投票の仕組みが必要だ。

まして今回は国会での議論もされないまま、コトが進められてしまっている。異議申し立てが多く出て当たり前だ。

安倍晋三さんのおかげて「ムリヤリ推し進めても、国民は大して抵抗しないから強引にやってしまえ」的なる、為政者のやり方に大きな憤りを感じる。

伊丹万作さんの「戦争責任者の問題」を改めて読み直したい。
https://www.aozora.gr.jp/cards/000231/files/43873_23111.html
献花に並ぶ長い人の列をみると、テレビなどのメディアが5人や100人の国葬反対デモや反対の文化人、学者、街の声ばかり執拗に取り上げてきたアンバランスさを感じます。反対の意見の方々にも、良識ある反対意見の方も極左集団に扇動された過激な方もいていろいろでしょうが、国葬の儀の最中に騒音を上げて邪魔をする行為に賛同する方はあまりいないのではないでしょうか。私は安保法制の実現と自由で開かれたインド太平洋戦略を打ち出し世界を動かしたという2点だけでも国葬に十分値すると思っています。
午後2時からの国葬では、松野官房長官による開会の辞のあと、国歌演奏と黙祷があるとされています。その時間には、仕事の手を止めて、安倍晋三さんの業績を振り返り、感謝の気持ちを捧げたいと思います。

安倍晋三元首相の国葬、当日の流れは 自衛隊が弔砲19発:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE192ZB0Z10C22A9000000/
アベノミクスの是非や旧統一教会問題など批判はあるけど、日米関係再構築、自由で開かれたアジア太平洋戦略、安保法制など混乱の世界において、日本の安全保障に関して安倍さんの残した功績は疑問を挟む余地がないくらい大きい。平和ボケ仕切った日本を変えてくれた。

心からの感謝とご冥福をお祈りいたします
国葬に関しては、以下の憲法問題があります。

強制加入団体である税理士会が特定政党への献金のための会費を徴収したことに対し、裁判所は「会員の思想信条の自由を侵害する」として違法としました。
強制的に徴収された税金から、自分たちが支持しない政党の元総裁の葬儀費用を支出するのは(同じように)違法ではないでしょうか?

また、元総理といえども私達と同じいち国民です。
憲法14条が規定した「法の下の平等」からすれば、多額の税金を投入する葬儀をいち国民のために行うのは平等を著しく侵害する可能性があります。

日本の主権者は国民であり、主権者の代表で構成された国会が「国権の最高機関」です。
今回の国葬は国会の審議や議決を経ていません。
議会制民主主義という観点からも、国会の審議や議決を経ていない点は大いに疑問があります。

国民主権を採用し、戦前の華族制度を廃止した現行憲法の下で、(憲法の例外的存在である天皇でないのに)特権的扱いをするのは、果たして正しいのでしょうか?

故吉田茂元総理の時は、(戦前の華族のような特権意識が残っており)おそらく平等意識が社会に根づいていなかったのでしょう。

民主制は独裁制と対比され、日本は民主制を採用しています。
自民党やその支持者だけの意向で国葬を執り行うのは、自民党一党独裁につながるのではないかという懸念があります。

私個人は自民党支持者ですが、以上のような問題を斟酌すると、(今更ながらですが)国葬という判断は誤りだったのではないかと考えます。
国葬反対!と大声で武道館を包囲する人たちを海外の要人が見てしまうのがちょっとだけ恥ずかしいなと思います。国葬を行うことになって、その当日なのだからモラルをもって欲しいなと思います。

オーストリアの友人に「アベはすごいって海外で言われてるのになんで怒ってる人がいるの?でそれはマイノリティだと思うのになんでマイノリティがみんなみたいに取り上げてるの?」ってこの前言われて確かになと。

日本人のおもいやりやおもてなしの心はどこに行ったのでしょう。
私は国葬に反対ではありませんでしたが、国葬に関して必要な手続きの適法性の確保がおざなりであったことは、民主主義の国において、重要な問題だと認識しています。これが自民党の驕りから来るものであるとも考えます。

結果的に、日本人が反対と賛成に鋭く対立して分断した姿は、トランプ前大統領に象徴される社会の分断を見せつけられているようで、大変残念です。

ただ、少なくとも、今日は安倍晋三氏には安らかにお眠りくださいと故人を偲びたいと思います。
賛否分かれるなかでの実施でしたが、維新は、国会議員全員が参列し、黙とうを捧げました。
  
 国会議員は、議員会館からバスに乗って、会場の「日本武道館」に向かいましたが、途中の沿道上、献花を待つ人の長い列ができていて、多くの人が悲しみを共有していることを実感しました。
  
 式典では、海外からの要人を含め、参列者が祭壇に菊の花を手向けました。
     
 昭恵夫人が、長時間にわたって、花を手向ける人一人ひとりに頭を下げていて、胸がつまりました。
イギリスにいますが、海外の反応は日本と全く着眼点が違っていて面白いです。

・日本人は静寂への忍耐力が高すぎる
・参列者の男性比率が高すぎて、喪主の昭恵夫人を男性が取り囲んでいる絵面が怖い
・弾丸で殺害されたのに弾丸で見送ることになぜ抵抗がないのか?
・葬儀に宗教が介入しないことの意味がわからない
・事務的なアナウンスをマイクを通じて行うのがめっちゃ斬新

日本人だと気づかないポイントです。
賛成、反対、これだけの議論がなされている中での実施で、これが終わったらこの議論はどこかへ消えていくんだろうな…と思います。これを評価して、選挙に反映させられるのは3年後。それまで議論を続けることは難しいし、覚えていることすらできないかもしれない。

あ、でも国葬費用国民1人あたり13円らしいですよ。13円の香典と考えれば格安ですね。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5519d3df9b526d0c67c091512792f6f1ac0ce4c9?page=2