新着Pick
93Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
#EC失敗事例
わかりやすい。このご時世ネットの方が集客難しいかもですね。
人気 Picker
先日読んだ「1本38万円の日本酒が飛ぶように売れる」も、製造・流通・マーケティング戦略の勝利的なニュアンスで書かれていましたが、その逆のパターンが本記事だと読んでます。

確かなビジネスセオリーを足し算していけば、モノは売れるのか。
Twitterのバズが予測・計算できないように、ビジネスも、何かしらのよくわからない要素「x(エックス)」が含まれた掛け算なのではないか。

その「x」次第で、38万円の日本酒が売れるし、3000万弱かけたECが潰れる。

個人的には、その「x」のわからなさを常に自覚しつつ、「x」に謙虚にオープンに向き合おうとするスタンスが大事なのではと考えています。
ナイスチャレンジ!!と評価してあげたい。

個人的には自治体が自ら運営するより、地場企業の専門知識や技術を活かし、地場企業に稼がせながら結果として地域経済を盛り上げるべきだとは思います。
ただ、それにしても自分達でやろうとしたことで得たものがたくさんあったはず。
何もせずに文句を言う外野に潰されることなく、次の挑戦に繋げてくれることを願っています。
そもそも自治体が自前でECサイトを作る意味は極めて薄い。民でやれることは民に任せるべき。

調べてみるとちょっと昔の記事ですがこんな記事があった。
https://netshop.impress.co.jp/node/3756
佐賀県での取り組みの方がより本質的だと思う。なぜ佐賀市は佐賀県の事例を参考にしなかったのか、、、
儲かってももうからなくても、行政が行うべきことではないということです。観光政策も、観光立国推進基本法の目的では、他の地域から見に来てもらえることによる「地域の誇り」の確保ということが明記されています。
おもしろい。いろんなEC有識者に、どうすれば成功できたか聞きたい。


突き詰めると「金がなかった」というのが今回の敗因と言える。
とても興味深く拝読しました。
通販サイトを作るため、運営するために本当に必要な予算がいくらなのかとても詳細に書かれています。

地方自治体が通販サイトにチャレンジするところも少なくないですし、最近は地銀は地域商社を立ち上げるケースも増えていますので大いに参考にしたいですね。