新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
安全保障理事会で拒否権を持つ5か国の構成を変えるためには、国連憲章(第23条)の改正が必要です。
 国連憲章の改正のためには、常任理事国5か国全ての賛成が必要です。
 したがって、ロシアと中国が賛成しない限り、常任理事国の構成が変更されることはありません。

米国の協力はもちろん必要ですが、ロシアと中国が支持しない限り、日本なりインドなりが常任理事国になることはありません。

国連憲章の改正
https://www.unic.or.jp/info/un/charter/amendment/
まあ、安保理常任理事国のうち、安保理改革に賛成しているのはアメリカだけ。それもリップサービスでしかない。日米がどんなに協力しても解決にはならないだろう。
岸田首相がバイデン大統領と数分間懇談したとのこと。
「両首脳は国連の安全保障理事会改革を巡り協力を確認。首相は、安保理理事国の拡大を支持するとしたバイデン氏の国連総会一般討論演説に関し「高く評価する」と伝えた。」