新着Pick
40Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ウクライナ軍は、8月下旬から反攻を意図してきましたが、主な正面であるへルソン州では、ロシア軍との間で毎日、村を1つか2つ取ったり取られ返したり、の繰り返しで、はかばかしい前進がありません。州都へルソン市には、当分届きそうにありません。
 今週に入って、ウクライナ政府は、ハルキウ州での反攻の成果を強調しています。こちらも、村をいくつか取ったり取られたり、という規模です。
 大きな犠牲が出る、人口数万に規模の都市を取り返す作戦には、ウクライナ軍は手をつけていません(ハルキウ州の人口3万人の都市、バルキリヤは奪還作戦の対象になりえます)。
 ハルキウ州でウクライナ軍が戦果を挙げたといえるのは、さらに前進して、ロシア軍の拠点となっている都市イジウムを奪還するか、その後方の補給線を切断した時でしょう。

いずれにしろ、ウクライナ軍には、長期の大規模な反攻を継続するだけのリソースは無さそうに見えます。
 反攻が成功するとしても、50km 程度の前進にとどまるでしょう。
 ロシア軍と数カ月の膠着状態に持ち込むのは可能なので、
その間に欧米諸国からこれまで以上の兵器支援と訓練を受けて、リソースの蓄積ができれば、次の反攻作戦も実施できるでしょう。
 そうやって、双方が数千人が死傷して10km四方を奪い合う、という戦いで勝ちを重ねていくしかありません。
これまで南部ヘルソン州に集中して反転攻勢をかけると思いきや、東部のハリコフ州で反撃が始まる。南部にロシア軍を動かしてからの東部の攻撃。陽動作戦(欺瞞戦略)としては見事。
2日間で20 km前進し、400 km^2の領土を奪還したそうです
https://twitter.com/thestudyofwar/status/1567707899186802688?s=46&t=e7kR4LTFSDFw8sGX_L8Zwg

ロシアが南部へ兵力を再転換して防御が甘くなった隙をついたらしいです
https://twitter.com/thestudyofwar/status/1567519074627772416?s=46&t=e7kR4LTFSDFw8sGX_L8Zwg
2. クピャンスクが目標と昨日書いたけど、もうクピャンスク近郊の村で戦闘が始まった模様。反攻前からすでに90km進撃。

https://twitter.com/michaelh992/status/1567857693007777796

1. 東北部のロシア軍防衛線は完全に崩壊した。兵力不足と主力が南部ヘルソンに移動したこともあり、占領地内部は空洞で反撃する力が全くありません。

反攻の狙いは交通の要衝のクピャンスクで、進行の速度は2日で18km程度と速く、数日中にクピャンスクへの砲撃が可能な距離に至る可能性があります。クピャンスクが落ちると東部への補給ルートが絶たれるので、東部戦線の兵站も崩壊します。

これを防衛するにはどこからか兵力を移動する必要がある。南部ヘルソンから引き抜けばヘルソン奪還の恐れがあるし、東部トンバスから引き抜く可能性が一番高そうだけど、そうするとドンバスが押し戻される。

クピャンスクを介した東部への補給ルート
https://twitter.com/DefMon3/status/1567570779822342145

ハルキウ方面でのロシア兵の捕虜映像が大量に出てきた
https://twitter.com/hiranotakasi/status/1567620038764421128
https://twitter.com/HJK45291731/status/1567524100733812741
https://twitter.com/markito0171/status/1567462957994459136

ダム崩壊のようになった
https://twitter.com/AndrewPerpetua/status/1567649841009901572

この地域を管轄するシチュボフ中将に対する非難の声も
https://twitter.com/RALee85/status/1567698166132183041
「8月下旬から南部ヘルソン州などで反攻作戦を進め、複数の集落を奪還したと発表しているが、東部でも反攻を加速させているとみられる。」
ウクライナ軍の反撃。早く終結の道筋が見えてくるといいのですが。