新着Pick
322Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
進化のスピードが速い。精度も上がっている。確かにSIRIも格段にレベルが上がっている。東京オリパラのときには、自動通訳で対応できているかもしれない。通訳の人々の職は減るだろうか?
スマホ市場を取れてないWintelだが、最近のIntelは業績好調だし中国やIoT攻めたりしてる。MSの翻訳もすごい。利益しっかり出せる古豪は、時間稼げるし、買収もできるし、元の技術力もある。今の時代で勝てないと思ったら次の時代に照準を切り替えて攻めの手を打てば、かなり強い。Appleも一時は経営危機だったのが復活、スマホが成熟化に向かっている今、Wintelは決して侮れないと思っている。
これは凄いな。翻訳技術は想像以上のペースで進展するのかもしれない。
そうだったんだね
原理はわかりだしたのだから時間の問題でもあったと思います。問題は元の文章が意味不明瞭な場合に、どう対応して翻訳するのかしないのか、そこのところが興味があります。
英語とスペイン語の機械通訳ができれば中国語や日本語通訳も最初は苦戦するかもしれないが、利用者が増えるに従い精度が増していくことは間違いない。すでにこの分野での日本企業の参入は困難であろう。ここにヒフトン教授のオンライン講義が公開されている。専門家はこの人の名前を数年前から知っていたであろうが、残念ながらプロダクトレベルまで落とし込める人材は日本にいなかったのだろう。企業にはお金はあるはずだが、この分野で有効に使うことが既にできなくなってしまっているように思う。まあ今からでもやらないよりはましかも知れない。まずはこの公開講義をじっくり研究することであろう。この分野に全く遅れを取ってしまった日本の経営者の責任は重い。次の失われた20年にならないことを望む。

https://www.coursera.org/course/neuralnets
多くのコミュニケーションが機械翻訳。友人関係は英語か共通言語。企業の交渉は通訳。
こうなるのが5年後でしょうか。
機械が会話を深く理解できるようになっている。
Skype Translatorは、「言葉」をとらえて「文章」に変え、その文章を翻訳して、電話の向こうの人の言語の「音声」に合成する。この言葉をとらえて文章に変える技術が進化したのだ。
いままではSF世界のものだったコミュニケーション方法、つまり、まったく異なる言葉や文化をもつ人々が直接、面と向かってコミュニケーションができるような方法を、これから提供できるのである。想像以上の進化のスピード。
これはすごい、ホントに精度が高ければ世界が変わりますね。日本語⇔英語はハードル高い方の通訳だと思いますが、期待したいです。
翻訳して音声化! まさに翻訳こんにゃくの世界ですね!
でも、英語と中国語とかフランス語ならともかく、和訳や日本語の英訳など、今の様々な翻訳サイトでも、意味不明の文章になっちゃう。日本語は時間がかかりそう?
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発・販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンらによって設立された。 ウィキペディア
時価総額
108 兆円

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア