新着Pick
111Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
良い要素としては20年ほどご経験があるご著者が挙げられている通り。

グローバル企業が400程度群雄割拠する中で、グローバル企業間同士の人材流動性が高い。そもそもAppleだけでなく、Intel、Microsoft、Google、Amazonなども同様。

R&Dやイノベを起こした経験値が圧倒的に多い。つまり、失敗が多く早い。なかなか他地域では、こうはいかないだろう。
普通に考えたら東京は選択肢に入らないでしょう。優秀な人材がいないから。そろそろオフショアの選択肢になったりして。。。
"「革新と創造性を持つ、非常に優れたエンジニアが集中している場所がイスラエルである」"
台湾、シンガポール、エストニアそしてイスラエルと共通するのは、
・国土が小さく
・領土が係争地となる可能性が高く(シンガポールを除く)、
・人口が少ない
ことである。
これらの国は皆人的資源への投資に非常に熱心である。優秀でなければ生きていけないという強迫観念すらあるように見える。

学生の頃から日本とは比較にならない程努力しており、せざるを得ない環境にある。特に理系や高度人材への優遇は露骨で、人間皆平等とか言ってる場合では無いと言った雰囲気。

日本も頑張らざるを得ない環境になればもっと成果を出すことは出来るのだろうけど、それは同時に自由な選択肢を狭めることにもなるだろうし、どちらが幸せなのかはよく考えたいところ。
この記事で「イスラエルの歴史的背景」と表現されているのは、パレスチナとの間で継続してきた緊張関係であると思われ、こうした事情が情報技術、航空宇宙などの分野で技術力の向上をもたらした側面はあると思います。
日本では先月、大学におけるデュアルユース(軍民両用)技術の研究開発について、日本学術会議が「単純に二分することはもはや困難で、研究対象となる科学技術をその潜在的な転用可能性をもって峻別し、その扱いを一律に判断することは現実的ではない」と踏み込んだ見解を示しました。
イスラエルと日本の彼我の差は、産学連携、技術の進歩と制御、インテリジェンスと安全保障などについて考える契機を提供してくれるような気がします。
小さい国の方が国民みんなの頑張りが必要だよね。
日本に必要なのは受験戦争かもね。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。1985年にパソコン用OSのWindowsを開発。1990年にWindows向けのオフィスソフトとしてMicrosoft Officeを販売。 ウィキペディア
時価総額
245 兆円

業績

インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
16.9 兆円

業績

Apple Inc.(アップル)は、アメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。カリフォルニア州クパチーノに本社を置く。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
335 兆円

業績