新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
大事なのは、何のために留学生を増やすのか、理由が明確であることです。
 「米国や英国や中国は日本よりも多い」というのは、理由にならないでしょう。
 何のためなのか、によって、大学も、企業も、法制度も、それに合わせて変わっていく必要があります。
 今の日本の大学で、日本人の学生同様に日本語で授業を受けて理解してレポートが書ける、という学生をこれ以上増やすのは無理です。そこまで日本語を身につけられる優秀な学生が日本を留学先に選ぶほどの魅力は、今の日本社会にはありません。
 何のためか、というのは、
・労働人口が不足するので移民候補者としてか
・コンビニやファミレスでバイトが足りないから、日本語学校への留学生でいいからとにかく増やすのか
・大学や短大、専門学校が定員割れして経営破綻していくのを防ぐために何でもいいから穴埋めのために呼ぶのか

どういう理由にしろ、優秀な留学生をひきつけて、日本で活躍してもらおうとするほど、日本社会の方が変わらねばなりません。
 大学の授業も、企業の業務も、英語か中国語にした方が、確実に優秀な留学生を増やせます。
 企業の給与体系や勤務体系も、今のままでは外国人に敬遠される場合が多いので、外国人に好まれる体系に改めた方が、留学生に日本に残ってより活躍してもらうことができます。
 日本全体が変われないなら、外国人に好ましい教育、研究、経済活動ができる特区をつくるのがいいでしょう。

将来的に留学生に活躍してもらうための構想も無く、目先のバイト要員や定員の穴埋めのためだけに誰でもいいから来てもらう、というのは、日本社会のためになりません。
人気 Picker
いま、留学や交換留学の申込みは非常に多いです。

早急に日本に定住してもらえる施策を打つべきだと思います。日本語を話せなくても英語だけで生活できるように公的文書に英語訳をつけるとか、その本人だけでなく家族の就職とか教育のケアを本気で考えるとか。できることは色々とあります。

とある国から来ている他大学の留学生の言葉がとても印象的でした。「私の国は先進国でもないし、みんな英語が得意とは言えませんけど、日本はそれ以上に国際化できていませんね。大学の事務も誰も英語を話せない。病院にいっても、医師ですら英語を話せない。」だそうです。
世界で見ると、日本の大学の授業料はめちゃくちゃ安いので、留学生を呼び込んだらいいと思います。キャンパスがインターナショナルになると、大学ランキングは上がります。(日本の大学の最大の課題は留学生が少ないこと)日本人学生にとっても、語学の実践もできるし、良いことだらけだと思います。
外国人留学生を大量に受け入れる取り組みの強化はオーストラリアが参考になると思います。
実際、オーストラリア等では外国人留学生の大量受け入れによる経済活性化に成功しています。
特にオーストラリアでは、地方に留学すると移住ビザの発給要件を緩和する等の優遇措置をすることで地方創生などにも貢献しています。
このため、日本でもこうしたところを参考に、外国人留学生の増加の方向にかじを切っていく必要があるのではないかと考えられます。
安全、安価、ポップ、そして産業力も(まだ)ある日本の人気は高くて、留学希望者は多い。大学の受け入れ態勢もだいぶ整っています。課題は出口で、それで仕事が見つかるか。だから文科大臣より、経産、厚労(労働)、法務(ビザ)に卒業後の措置改善を指示するのがいいと思います。
外国人の学生の前にまず日本の学生を救えよ
日本はもう高度成長期の日本じゃねえんだから。
正直言って日本のグローバル化は本当に本当に遅れている。
英語表記みたいな表面的なことだけでなく、自国とは異なる宗教や文化を受け入れる土壌がないし、料金の支払いや公共手続きなどどれを取っても住民以外には複雑すぎてハードルが高い。
そして、東京オリンピックで大量の観光客を呼び込むチャンスを失って、そのことを痛感する機会も失ってしまった。
留学生を増やして定着させようとするなら、課題は本当に山積みだと思う。
学生確保に悩む大学や採用難に悩む企業の意を汲んでいるのだろうけど、、、、その前にまず少子化対策ですよね?
受け入れてほしいですね、忘れられた日本を学ぼうとするには俯瞰した外の目が私達には必要です。
日本を学んでいないことが、空白のアイデンティティを生み、国際化に何歩も遅れている原因だと感じます。
留学生を受け入れるのに、9月入学対応とか講義の英語等日本語外の言語対応も求められる。なかなか負担感も出てくると思う。もちろん、運営交付金も弾んでいただけることを期待。