新着Pick
394Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スタンフォード生の母親が「子どもが公務員になった」と言うと周囲は、「へえ。郵便物を配達する人になったんだ」とイメージし、東大生の母親が「息子がベンチャーを始めた」と言うと周囲は「かわいそうに、大企業に入れなかったんだ」となるという。安定志向かどうか。「安定にエキサイティングはない。」
ウィリアムは、日本に長くいながら、いつまでもステレオタイプでしか物事を把握できていないと思う。印象論が多くて、あまり参考にならない。
「一般的な大学生活を送った学生A」と「在学中に起業に失敗した学生B」に対する日米での評価の違いがじつに顕著。興味深い記事。
齋藤ウィリアム氏の日本の大学教育改革についてのインタビュー記事三回目。前回、前々回の内容も違和感があったのだけど、連載が終わるまで待っていた。

ここで指摘されているのは、英語教育、プログラミング必修化、留学、エリート教育、などなど。大学改革問題は、入口(入試)、中身(カリキュラム)、そして出口(就職)の問題があるが、これらはすべて中身(カリキュラム)のはなし。すべてもっともな指摘であり間違ってはいないのだが、これらすべてもう随分前から議論しつくされていて、その期待効果もほぼわかっている。ではなぜこうしたカリキュラムの改革が進まないかというと、日本の大学の意思決定構造が関係している。

日本の大学のカリキュラムは、基本的には各学部や研究科に決定権がある。いくら学長や大学本部が方針を出しても、各学部の教授会で承認されない限り実施には移されない。これが日本の大学特有の「学部の高い独立性」である。さらに、カリキュラムの改変は人事にも直接的に関わる。日本の大学の教員ポストは各授業に紐付いており、授業を増やしたり減らしたりすることは、すなわち教員の首をすげ替えるということ。なので、さらに改革が進まない。大学の外から見ると、「プログラミング授業や留学の必修化なんて簡単じゃん」と思われるが、大学のカリキュラムを変えることには甚大なコストと時間がかかる。

僕が個人的に実現性も効果も高いと思うのは、こうした中身の改革ではなく、入口の入試改革。入口を変えれば、入ってくる学生の質ががらっと変わる。そして、入試制度は、完全にではないが大学本部のコントロールが効きやすく、全学的な改革を進めやすい。昨今のAO入試に関わる諸問題も、その功罪の罪の面で影響が出ているのであって、入試制度がいかに大学の人材輩出に大きな影響を与えるかということの証左である。
そうそう、進路の意思決定に親たちの期待とか地元の友人の評価とかは案外影響を及ぼす場合が多い。あとは男なら、モテるか、も大事な要因で。
僕は優秀な学生みんなが起業したりベンチャーやNPOはいるべきと思わないが、それらをやることで身近な周囲から一目おかれモテるようになれば割合は高まるだろう。
偶然、今日の岡田監督のインタビューでも出ているけど、「日本人は、他人のせいにしすぎるから。」というのはキーポイントだと思う。
グローバル化とローカル化のハイブリッド、がベストなのでは? 両方を知る。

UKはプレミアリーグもあり、ウィブルドンもありますが、代表チームは強くない。テニスもアンディー・マレーが秀でているけれどそれだけとも言えます。
何かをしたいと思った時に世界に出るというスケールまで思考を広げられるか?と受け止めた。同志社大学の創立者の新島襄は江戸時代末期に国禁(死罪)に相当する脱国を行うために米国船に潜り込み、武士の命である刀を売って生活資金を得て、アメリカ国内の教会を巡って英語演説し、当時のアメリカ人のほとんどが名前も場所も知らない日本という国に大学設立するための資金をドルで集めた。それくらいの突き抜け感が必要。本人も暴れ馬みたいに手のつけられない奴になれと言ってる。いま同じスケールで何かを成し遂げるとしたら国境なき医師団でエボラ対策に行くか、イスラム国に平和を訴えに行くレベル。
今の日本の若者には期待できると思う。ただドメスティックであるので、外に出て、自分で日本人以外にも色々な優秀人材がいると実感し驚愕してほしい。特に途上国・先進国の人材ともかかわり、世界のダイナミズムを感じるべき。社会人になると利害がでてくるので、学生時代に外にでてピュアに色々な国の人と出会うことが財産!これからの日本の若者に期待したい!Stay Gold!!
ケースバイケースではないでしょうか。だから人間社会が成り立っているような気がします