新着Pick
296Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回から3回に渡ってJリーグの経営を議論! FC琉球でマレーシア選手獲得に尽力した金子さんが外資解禁を語ります。金子さんがマレーシアの空港で現地メディアに取り囲まれた様子はこちら→
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kanekotatsuhito/20130316-00023908/
まさにその通り。Jの放映権を巨額でアジア企業に売ると良い。盛り上がればキャピタルゲインが得られる。良い投資
村井チェアマンの貢献は非常に大きいと思う。メディアでの発言を見てもこれまでのチェアマンとは違いビジョンが明確に伝わってくる。外資の参入はとても期待ができる。東南アジアマネーはもちろんのこと、記事中に名前が挙がっているレッドブルなんかもとても魅力的に感じていそうだし、来季以降、楽しみが増えてきた。
すでにスポンサー企業の一部(例えば日産自動車)の実質株主にしめる外国人は過半数を超えている可能性が極めて高い。いずれにしても、公益事業でもないのに、外国資本を規制するこれまでのJリーグの方針が理解できなかった。
メディアも外資に出資してもらうと面白いかもしれません。
大爆発して、吹き飛ばされないようにしないといけません。
東南アジアの資金とサッカー熱は非常に魅力的。東南アジアの選手を取ればスポンサーごと日本に持ってこれるかもしれない。
アジアで今もっとも盛り上がってるのはインドリーグだとは思うが、Jリーグの放映権を海外に売っていき、広告会社がマーケティングできればまだまだ伸び代は大いにあると思う。
べらんめえ口調なインタビューだが、J2なら数億円でメインスポンサーになれる一方、マレーシアのあるクラブチームは監督に3億円を払っている、というくだりは、東南アジアマネー取り込みの可能性を示唆する事実ですね
村井さんは今までのチェアマンと違い経営者。期待してます。
2部制だけはサポーターとしてテンション下がりますが。。
素晴らしいですね。ワクワクしますw
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。江副浩正によって創立された。 ウィキペディア
時価総額
6.09 兆円

業績