新着Pick
29Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
同様の取り組みを、HIT(広島県観光連盟)でも行っている。
HYPP(ハイプ)という観光コンテンツ造成プラットフォームだ。
意欲ある事業者であれば、企画やアイデアを実現するための様々な支援を行うもので、アドバイザーによるアドバイス、観光ビジネスに関する講座、補助金をはじめとした資金支援、プロモーション支援などで構成され、今期で2期目を迎える。「ひろし・みやこ同盟」でタッグを組む京都市観光協会さんと一緒に、こういった取り組みを加速して、観光客の皆さんに満足いただける環境づくりにつとめたい。
コロナで大きな打撃を受けているインバウンドですが、今後状況が改善すれば、円安などの外部環境も悪くないですし、これまで旅行がしづらかったという状況もあったので反動で日本を訪れる外国人の方も増えそうな気がします。

本件は京都市内でインバウンド向けコンテンツの開発を行う事業者を対象に京都市観光協会さんが行う支援策。事業計画の立案や人材確保、そして情報発信までサポートしてもらえるのは心強いですね。
京都市観光協会さんのホームページには詳しく書かれています。
https://www.kyokanko.or.jp/news/20220818_1