新着Pick
210Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の官庁やベンチャーキャピタルの眼力不足が残念。世の中にない飛び抜けたものは、日本では評価されないようだ。悲しいことだ。
英語名にinnovationが入る官製ファンドが、こうしたベンチャーに少額を惜しみ、ルネサスに1,000億円以上を投じる。もはや、悲劇を通り越して笑えますね。
良記事だし、筆者が書かれているように日本が育てられなかったことを悔しいと思う。そしてSawayamaさんのコメントが熱く、これまでのPicksでのコメントからもどれだけ技術に熱い思い抱かれているか伝わるからこそ、とても楽しみ!
下記のような質問は、もうたくさんだ。
『「面白いですね……。ところで、アメリカのヒト型ロボット市場はどうなっているんですか?」
「マーケットでの競合他社は?」』
ルービンの下記言葉がカッコよすぎる。
世界中から天才を集め、ドリームチームを作って一緒に世界を変えないか。
加藤崇氏の本、この前購読して知人にプレゼントしました。(私は斜め読みだけ)
本人の実体験に基づいたリアル起業ストーリーでベンチャー起業家にはおすすめです。

未来を切り拓くための5ステップ: 起業を目指す君たちへ
http://www.amazon.co.jp/dp/4103356111
こういう記事を読むと、日本もベンチャー投資の金額の桁が上がってきているとはいえ、まだまだサラリーマン的な評価判断が多いんだなと言う現実を思い知らされますね。こういう新市場に対する投資はやっぱりある程度担当者の直感と独断での判断が許される体制じゃ無いとできないから、典型的な日本の決裁文化だと難しいですよね。
アメリカでは認められる技術も日本では相手にされない。若者に「早く海外に出ろ」と言う加藤さんの言葉が、ノーベル賞を受賞した中村さんとかぶる。多分、本当にそういうことなんだと思う。
ほんこれ。僕は技術に関して誰よりも理解し、一緒に興奮できる人間でいたい。
示唆に富むいい話し。情熱が感動的。
・モノマネモデルの思考トラップ
・才能や技術があれば外の方が成功しやすい
異能ベーションとかいうのがパッとしないのもただの役人が監査役だから、か。
株式会社文藝春秋(ぶんげいしゅんじゅう、英語: Bungeishunju Ltd.)は、日本の出版社。東京都千代田区紀尾井町に本社を置く。 ウィキペディア
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。 ウィキペディア
時価総額
162 兆円

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア