新着Pick
221Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「あえてカッコ良くしない。」大草さんが講談社で新たに立ち上げる女性誌、とても興味深いなー。発売が楽しみ。
40代以降を対象とした女性誌ってもう既にあって、読んでみると結構落ち着いているというか、品質と自然体を大切にしていたりします。
女性誌にはそういうステレオタイプを生むようなところがあって、それを指して「息苦しい」というのであれば、メディアを作るのは難しいと思います。記事を読んでいるとやっぱりある程度のポジションを作ろうとしている。自己矛盾をどう解決していくのか見どころではあります。
大草さんの仰られる通り、女性誌は「Very」に代表される様な、背伸びした、少し現実離れしたものが多い。リアルな女性像に寄り添うメディアができることは、女性の社会進出に役立つと思う。
あえてかっこよく作らない。これは響きます。自分たちのサービスのセグメントがうっ!ときてハードルになってしまったら意味がないし、自己満足。
あと、正社員にならない議論は彼らだからできる術だとは思います。。。
夏野さん同様、10年でドコモのキャリアを切ってみましたが、さすがに渡り鳥やり続けられる実力はないです。。
この記事は面白い。ペルソナを決めない女性誌ってあるんですね。枠にとらわれないことがむしろ斬新なのかも?
オヤジだから女性化したいと思います
気持ちのいいフレーズが転がってて、手放しで面白い連載。また読む。
早く、僕と変わってくれる人、来て。
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.32 兆円

業績

カドカワ株式会社(英語: KADOKAWA DWANGO CORPORATION)は、2014年10月1日に設立された日本の持株会社、出版社。ドワンゴとKADOKAWAを傘下に持つ。2015年10月1日より、KADOKAWA・DWANGOより社名を変更。 ウィキペディア
時価総額
1,355 億円

業績