新着Pick
120Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヒューゴとはGoogle時代モバイル黎明期を模索したが、彼は常に未来の形を明るく洞察し世界を飛び回っていた。グローバルを水平に動き、ローカルのディープな垂直をみつけ、それを広げることで活躍する。こういった動きはディープな日本こそ見習うべき
最近何度も語られるシャオミのIP問題。特に世界の技術の粋が集積されたスマホは知的財産の塊です。

メーカーとして模倣では許されないので、GoogleですらIPのためにMotorolaを買収するくらいコストをかけた。GoogleみたいにIPを多く持っている企業を巨額の資金で買収するか、ライセンス契約で巨額のお金を払うか。
とにかく日本のメーカーはR&Dにもちゃんと投資していて、クロスライセンス結べるのが偉いと思う。というかメーカーなので当たり前ですが。シャオミは組み立て屋でうまい汁だけを吸いすぎた。
記事の最後の今後の展開の具体論については、同意できない。まず特許運用企業について出ているが、①参照いただきたい。金額は3500万ドルと、GoogleのMotorola買収などを考えると、目下の問題を対処できる金額ではなく、やることもパテントとロールというより今後の話(緋色さんのコメント参照)。次に国際市場での特許のみならず、国内でも足りず、Huawei・ZTE・Lenovo(Motorola買収)などが先行している。
そういう意味では、特許という観点で『前門のインド、後門の中国伝統企業』といった状況になっていて、これまで爆発的な成長を遂げてきたXiaomiの中で最も注目される点。
https://newspicks.com/news/739478/
https://newspicks.com/news/718070/
文中にある過去のSONYのDeNA「絶対に人真似はしない、絶対に妥協しない、絶対にあきらめない」。今のSONYはこのDeNAを取り戻して欲しい。
携帯電話界のZARAとおもっていたけど、ハイテクの価格調整は早いね
先日決算もでてたが、シャオミがどこまで突き抜けて行くかすごく楽しみ。
まあ、特許ごと買収すればよろし
シャオミの成長に大きな影響を与えるであろう特許問題。HTCの失敗とソニーの成功。学ぶべきところは多くありそう。
小米科技(Xiaomi、シャオミ)は、中華人民共和国北京市に本社を置く総合家電メーカーで、2010年4月6日に雷軍によって設立された。 ウィキペディア

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア

業績