[ワシントン 10日 ロイター] - 米財務省が10日に発表した7月の財政収支は2110億ドルの赤字と、赤字額は前年同月(3020億ドルの赤字)から30%減少した。歳入が微増となった一方、新型コロナウイルス関連の歳出が大幅に減少した。

7月の歳入は前年同月比3%増の2690億ドル。歳出は15%減の4800億ドルだった。

2022会計年度(21年10月─22年7月)の累計では、7260億ドルの赤字。前年同期(2兆5400億ドルの赤字)から71%減少した。