新着Pick
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
すでに会話できるんですね。どのようなデータとアルゴリズムで学習したのか、公開するくらいのオープンさを追求し、政策を委任するに相応しいAIなのか、コードをレビューしながら議論するような日が来たら本当に未来ですね。このような取り組みがメインストリームにならずとも、オルタナティブなアプローチとしての存在意義はあると思う。
AIになにを求めるのかによって使うモデルも当然変わってきます。政治のしがらみを感じずにフェアな解を選んでくれるような存在を志向するならば、AIはポテンシャルがあると思いますが、あくまでオープンである必要があります。
|同党のAIは、1970年以降に存在したデンマークの
|小政党の全刊行物を分析することで、「庶民の政治理念」
|を代表すると思われる政策を立案する。

過去の政策の傾向分析ですね。これだと人気政策は分かるでしょうが、感覚的に嬉しい政策が選ばれそうです。

本当のAI政策立案は「政策シミュレータ」を整備して、いろいろな政策パラメータを変えて実施効果を予測して、最適な政策を選び出すことでしょう。エビデンスに基づく政策立案(EBPM)です。

そのためには今出来ていない政策の効果測定と検証が欠かせません。しかし、政策の効果を本気で測りたくない方々も多いので、なかなか難しいです。