新着Pick
124Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サル痘は体液・血液、病変した皮膚との接触が主な感染ルートです。これまでアフリカ地域に偏在していましたが、現在は欧州で蔓延しているほか世界に拡散していますので、日本で感染者がでても不思議ではなく、日本で医薬品の使用を許可するために簡易な手続きでの早急な薬事承認を目指していると思います。医療関係者へのワクチン接種は一部行われていますが、臨床試験としての管理下で接種しています。

今後日本で使用できるようになる可能性がある医薬品は以下の通りです。ワクチンに関しては日本で製造されていますが、ごく少量生産。抗ウイルス薬はこれからの入手手配です。

(1) 天然痘ワクチンのサル痘への転用
詳細は以下の記事へのコメントに記載しています。
「天然痘ワクチン『国内で備蓄』サル痘にも有効―後藤厚労相」(時事ドットコム 2022年5月27日)
https://newspicks.com/news/7115932?ref=user_1310166

天然痘ウイルスでのバイオテロへの脅威から、日本国内で少数備蓄していました。オルソポックスウイルス属のワクシニアウイルスを弱毒化して作成された生ワクチンと言われるタイプのワクチンです。天然痘自体の発生がないため、日本でも広く接種されていません。WHOが約1万人の患者を分析したところ、98.8%は男性(18~44歳の男性が症例の77%)で、感染者の多くは男性との性的接触のある男性であったため、広くワクチン接種を開始する前に、医療従事者やハイリスクの方への接種が検討されるでしょう。

(2) 抗ウイルス薬の国内での認可
詳細は以下の記事へのコメントに記載しています。
「サル痘感染者に天然痘の薬 投与可能な研究開始」(共同通信 2022年6月28日)
https://newspicks.com/news/7247255?ref=user_1310166

米国と欧州ではテコビリマット(tecovirimat)と呼ばれる抗ウイルス薬がサル痘治療薬として認可を受けています。 もともとは天然痘感染症の治療のために開発されたものですが、両ウイルスともオルソポックスウイルス属であり、サル痘ウイルス感染症に適用拡大(転用)したものです。テコビリマットはオルトポックスウイルス属に存在するp37タンパク質を標的にし、放出を阻害する作用を有する抗ウイルス剤です。
天然痘のワクチンや治療薬は、危機管理医薬品(MCM: Medical Countermeasures)の最たるもの。
日本のMCM政策は必ずしも体系的に整備されているわけではないので、コロナやサル痘を契機に体系化が望まれる。
生き物が持つ免疫力は奥深いものだと改めて感じます。
コロナ禍で、かなり免疫力が落ちているのでしょう。

私、一人暮らしということもあり、家の中をアルコール除菌剤で消毒するのは、以前と変わらずキッチンの水回りだけ。
→それもかなりずぼら…ただし、掃除はかなりマメにします。

石鹸で手を洗うのは、昔からマメでしたから、増えたのはマスクだけかな…ジムに行く回数はかなり増えています。

私の免疫力が上がっているのか下がっているのか?知りたいところです。
コロナウイルスの時のように、簡単に他国から感染菌が入ってきてしまうことを対策してほしい。
二の舞にはならないように。
一度入ると消すのは非常大変だあることを学んだからである。
天然痘が撲滅された後、天然痘ワクチンによる免疫を40代以下の世代が持たないために広まってるという、わかりやすい仕組み。

あるウイルスを撲滅したに見えても、その親戚のウイルスや、別の形に進化したウイルスが現れる可能性があるなら、定期接種は継続すべきだったかもね。
99%は男性の感染みたいですね。
僕も気をつけます。
WHOがサル痘の世界的な感染急拡大を受け、緊急事態宣言を出したためサル痘の患者が国内で確認された場合に備えて厚生労働省は、国内未承認の治療薬を確保し、ワクチン接種や検査態勢の準備を進めているようです。