新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
社債市場に継続的にアクセスしておくメリットの一つがこういう状況下で市場スプレッドを払えば資金調達が可能であるということ。

昨今コーポレートファイナンスの重要性は以前よりも随分と理解されるようになってきましたが、ファイナンスとガバナンスは表裏一体。いかにバンクガバナンスでもなく、VCガバナンスでもなく、適切なガバナンスとファイナンスを構築できるか。最大のステークホルダーマネジメントの一つと言えます。

とはいえ、ステークホルダーを増やしすぎる推進力をえる一方で経営複雑性が増すことも事実。極論としてキーエンスという例もありますから、経営てしてどのステークホルダーマネジメントにリソースを傾けるのか、それが問われている時代かと。

ここで社債調達している企業は、社債市場に加えて、銀行や政府というステークホルダーを重視している傾向もあるかも知れません。
資源高や円安で発電に使う燃料費が増加しており、大手電力会社が社債による資金調達を増やしているのだそう。

しかしながら、「投資家は金利上昇で保有債券の価格が下がり含み損が発生することを懸念し、投資意欲が低下している」とも。
投資家の需要が集まらず発行額が予定額に及ばないケースも出ているようです。
中部電力株式会社(ちゅうぶでんりょく)は、愛知県名古屋市に本店を置く電力会社である。日経平均株価およびTOPIX Large70の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
1.02 兆円

業績

中国電力株式会社(ちゅうごくでんりょく)は、広島県広島市に本社を置く電力会社。 ウィキペディア
時価総額
2,861 億円

業績