新着Pick
90Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヤクルト1000はいまだにすごい人気。
職場のヤクルトレディいわく、7本セットでお売りできない状況とのことです。
1日100万本を超える売れ行きというのは、想像のつきにくいボリュームですね。

科学の目線ではなにがいえるのだろうということで、ヒットの理由のひとつでもある「論文」について、山田悠史医師に解説してもらいました。
https://mi-mollet.com/articles/-/36777
従来のイメージとは一線を画し、伝統の赤を引き継ぎながらも機能性、先進性を表現メタリック調にする。 CMについても、各界の著名人を起用して最先端の商品であることを印象付ける。

こうして新しくブランディングされたヤクルトは、「あのヤクルトが」という驚きもあいまって話題になり、「(いつも売り切れで)買えない」ことで渇望感をかきたてられ、たまたま自販機などで入手できるとありがたみが増して、それだけで「効果」が倍増するような錯覚を与えられます。

私の体感的印象で恐縮ですが、発信力のあるアラフォービジネスパーソンたちがSNSで話題にし始めたのが、大ヒットの引き金になったのではと。女性のコスメがSNS口コミで大ヒットしていく感じと似ていました。陰にそれを操ったマーケターがいたのでは?と

私には、謳われている睡眠改善効果は発揮されませんでしたが、それなのに、自販機で発見すると、思わず2本くらい買って帰ります。流行りものに弱いミーハーな自分にやや落ち込んでますます眠れなくなります(笑)

(睡眠改善効果は実感できませんでしたが、腸、ひいては脳の快適さにはつながっている気がします)
ヤクルト、という誰もが知っている商品が、健康志向にアップデートされたと聞けば、試してみたくなるのが日本人ですよね。

競合商品のR-1についても、似たような現象が起きたことを記憶しています。
今でも毎日飲み続けている、という方もおそらくいらっしゃるのではないでしょうか。

競合とはいえ、飲むだけで美味しく健康になれる商品の開発は、これからも続けてほしいですね。
大ヒットを生み、今日に渡るまで品薄が続くYakult1000、Y1000の人気の秘密についてまとめられています。

Yakult 1000には、確かに科学的だったり、大人向けというような今までのYakultとは違ったブランディングを感じてますが、まだ試せていないので是非飲んでみたいです。
株式会社ヤクルト本社(ヤクルトほんしゃ)は、日本の飲料・食品・化粧品・医薬品メーカーである。マスコットキャラクターはヤクルトマン。コーポレート・スローガンは「人も地球も健康に」。 ウィキペディア
時価総額
1.45 兆円

業績