新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メルペイ時代の同僚、見原さんのシャトルペイが正式リリース&シードラウンドで5.5億円の調達!既に米国、英国など、世界各国で普及が進んでいるこの事業が、日本でも成長していくことと思います。

また、見原さんは、何のためにこの事業をやりたいのか、ご自身のお子さんへの想いをベースに事業を考えられていて、起業=生き方なんだなぁと改めて思いました。

どうありたいか、どういう社会にしたいか、そんな創りたい未来に向かって邁進する起業家の方を、デライトでも応援していきたいです!
このサービス、Suicaとくっついたらいいのになと思いました。どうでしょうJRさん?
子どもたちの実践的な金銭教育が求められています。金銭教育アプリで親子の会話も増えそうです。
子供向け金融サービスは米Greenlight、Currentなどがユニコーンになっており、非常に注目されていたジャンルの1つでVCは血眼になって探していたと思います。そんな中でようやく日本でもスタートアップが続々と出てきました。

本記事で取り上げられているシャトル社(https://shuttlepay.jp/)、manimo運営のMEME社(https://www.memetech.co.jp/)をはじめ、他にも数社あります。子供向けFinTechと捉えるとかなりパイが小さく見えますが、例えば奨学金・学費管理だったり、親向けのサービスなど、事業開発力次第ではかなり強いサービスを作れると思うので非常に楽しみです。

以下の伝書鳩TVでもGreenlightが取り上げられています。
お小遣いを投資に回せる、スマートで画期的な「お金教育」アプリ
https://newspicks.com/news/6562247
グローバルでも英GoHenryが仏Pixabayを買収するなど賑わいを見せている。
カード文化が根付いた欧米では既に古くからやられているのだとすると、キャッシュレスが今来ている日本で今から始めるのは、タイミングだけ取っても素晴らしい判断かも知れない。しかも創業メンバーの経験値がすごい。これは伸びそうですね。
https://techcrunch.com/2022/07/10/kids-finance-startup-gohenry-marches-into-europe-with-pixpay-acquisition/
手間

これすごいいいですね!うち6人家族なのですが、3女1男それぞれ部活やら学業やら遊びやら使うところがバラバラで「ママーこれ買っていい?」とAmazonの画面を見せるのは日常茶飯事です。それがプリカ方式になったらお母さんは変な時だけ子供に聞けばいいから手間が省けます。ママこれ買ってがなくなることで子供にも自分のお金の自覚ができて、とてもいいサービスだと思いました。
株式会社三井住友銀行(みついすみともぎんこう、英語: Sumitomo Mitsui Banking Corporation、略称:SMBC)は、東京都千代田区丸の内に本店を置く、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)傘下の都市銀行。三菱UFJ銀行(三菱UFJフィナンシャル・グループ)、みずほ銀行(みずほフィナンシャルグループ)とともに3大メガバンクの一角を占める。 ウィキペディア

業績

KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英語: KDDI CORPORATION)は、「au(エーユー)」ブランドを中心とした携帯電話事業などを手掛ける日本の大手電気通信事業者。本社は東京都千代田区飯田橋。日経平均株価およびTOPIX Core30、JPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ。ブランドスローガンは「Tomorrow, Together」(2019年5月15日 - )。 ウィキペディア
時価総額
9.45 兆円

業績

共同印刷株式会社(きょうどういんさつ)は、東京都文京区に本社を置く総合印刷会社。東京証券取引所1部上場企業。 ウィキペディア
時価総額
248 億円

業績

業績

東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、東日本を中心として旅客鉄道等を運営する日本の鉄道事業者。1987年4月1日に、国鉄分割民営化に伴い日本国有鉄道(国鉄)から長野鉄道管理局、新潟鉄道管理局及び東北・関東地方の各鉄道管理局の鉄道事業を引き継いで発足したJRグループの旅客鉄道会社の一つ。 ウィキペディア
時価総額
2.94 兆円

業績