新着Pick

昭電工CFO、一部製品で生産縮小や撤退も-原材料高騰で

Bloomberg
半導体材料や自動車部品を手掛ける昭和電工は、原材料価格の高騰が止まらない中、一部製品の値上げと同時に生産縮小や撤退も進めている。染宮秀樹最高財務責任者(CFO)がインタビューで明らかにした。
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1. 日立化成を買収し、有利子負債が膨らんだところで原料高、電力コスト高、需要の後退に直面している、低採算品の整理は道理。
2. 統合後の経営陣が一体化できるかの試金石。
3. 昭和電工も日立化成も、ケミカルソリューションをアイデンティティに総花経営を是認し低収益率を存置してきた印象だが、今回の逆風は企業体質を根本的に変える可能性がありそう。注目。
半導体材料や自動車部品を手掛ける昭和電工の染宮秀樹最高財務責任者(CFO)へのBloombergのインタビューでしょうか。
原材料価格の高騰が止まらない中、一部製品の値上げと同時に生産縮小や撤退も進めていることを明らかにしています。「対象製品の詳細の説明は控えたが、高機能材料領域だという。限界利益率の回復が見込めるか否かを撤退の判断基準としており、年内に一定程度取捨選択していく方針だ」撤退もというのは驚き