新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ウクライナ軍参謀本部は、リシチャンスクの戦況について、2日間沈黙していましたが、ロシア軍による制圧を認めました。
 ロシア軍は、ルハンスク州を完全制圧したことで、次はドネツク州の制圧をめざすことになります。
 リシチャンスク市とその西方を確保したことで、ロシア軍はドネツ川を渡河する際の問題が減少しました。
 ウクライナ側が保持するドネツク州北部に侵攻するためには、ドネツ川を渡河しなければならず、ウクライナ軍が橋を爆破していたことにより、ロシア軍はたびたび渡河に失敗して損害を出してきました。
 今回、ドネツ川の対岸を広く確保したので、ドネツク州北部に向かって広範囲に展開して押し込んでいくことができます。

ドネツク州北部をめぐる戦いでは、人的な余力が勝敗を左右します。
 長期の戦争で重要なのは、人員のローテーションを組むことです。3か月に一度は後方に下げて長期の休暇を与える、というのが重要です。そうしなければ、兵士の能力が急激に減衰していきます。
 このことは、第2次世界大戦の太平洋戦線でも、米軍と日本軍の間で差が顕著でした。重要なのは、敢闘精神などではなく、シフトを組むことです。
 この点で、ウクライナ軍は非常に不利です。特に職業軍人の損耗が、今後の戦闘継続を困難にするくらい大きくなっています。素人の中高年男性たちに銃を持たせても、すぐやられます。
 ロシア軍は、かろうじてローテーションを組んで、回しています。兵力の集中や速戦速攻との兼ね合いがむずかしいですが、長期の戦争であれば、ローテーションを組んだ方が、確実に有利になります。
ロシアの侵略はいつ終わりますか。戦争の目標は何でしょうか。
ウクライナはほんとうにみじめです。とんでもないゼレンスキー、政治を演技の場と思っている人は、自分だけは安全で、まったく被弾のチャンスはないが、国民にこれほど苦痛を与え、ほんとうにNATOでも加盟できればウクライナもある程度の我慢はできるでしょうか、それもなくて、ただアメリカのために代理戦争をしているだけで、国民、経済を苦しめていきます。
無責任のNATO、ピエロしか演じないゼレンスキー、狂暴のロシア、ほんとうに嫌な世界となっています。
ロシアは犠牲を払いつつも、日本のメディアが期待するほど苦戦していないようだ。また、率直に言って経済制裁はロシアに対してよりも、むしろ欧米の経済にダメージを与えつつあるように見える。武器・エネルギー・食料がよく売れているので米国はこの紛争を続けたいのだろうが、いつまでもウクライナに代理戦争を戦わせていていいのだろうか。「落とし所」の模索が必要であるように思われる。
ウクライナ戦争は当初の短期終結から長期化の様相を呈していたが、ロシア軍の戦術が変更になり、ロシア軍が着実に戦果をあげるなか、意外に年内停戦の可能性もかなり高まっている気がする。完全な主観に過ぎないが。それだけ、ウクライナ側の状況は厳しいということだ。ロシアは既にウクライナの領土の一部ではなく、25%以上も獲得してしまった。エマニュエル・トッド氏曰く、「今回のロシアの戦果は、ルイ14世やプロイセンのフリードリッヒ2世のそれよりも大きい」とのことだ。プーチン大統領が納得できる戦果はもうほとんど得られているのだ。しかし、早期停戦は望ましいことだが、世界が望む「ロシアが完敗して撤退する」という結末ではない。これを国際社会は、どのように受け入れたらよいのだろう・・・世界は残酷だと言ってしまえば、それまでだが、今回の幕引きの秩序はとても重要な局面となるだろうなー。
ルガンスク州の重要都市リシチャンシクが陥落された。ウクライナ側は、兵士の命を守るために撤退と発表。ロシアにとってマリウポリに続く戦果。
ウクライナ側にとってルガンスク州最後のとりでだった東部ルガンスク州の重要都市リシチャンスクをロシア軍が制圧したようです。
ウクライナ軍がこれを認め、ロシア軍も制圧したと発表しています。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR0330T0T00C22A7000000/
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
64.2 兆円

業績