新着Pick
246Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
パラレルに施策を打ち続けるということが大切。10個試すのと1個試すのとでは成功確率が全然違う。ダメでもダメでも徹底的に手を尽くすことが結果を変えます。周りからは「何やってるんだろう」と思われるけどそうするしかない。
僕はまだまだ途上ですがそういう実感があります。
ぷららのひかりTVがキラーコンテンツ?最近引越した関係でひかりTV入ったんだけどコスパすぐれてるわけでもないし、なんの魅力も付加価値も感じないのでもう辞めた

こんなもんが、こんなもんがキラーコンテンツであってたまるかぁぁぁ!!
NTTグループはボロカスに言われても、響いていない。前に所属していた印象です。

が、これは自分事として考えると、経営者でなくても、新たな取り組みに対しては覚悟が必要。ほら、言ったとおりだろ、と後出しじゃんけんで批判を受ける覚悟で進めていくのは避けられない。
なんだかんだ人間って変化が嫌いですからね。
新規事業を興すには、何でもすぐに試すスピード感が必要とのこと。
>「では、ここに5枚、伏せたカードがあったとします。その中から、確実に『アタリ』を引く方法があります。何だと思いますか?」
正解は「5枚すべてを、すごい速さでめくってみること」
担当編集者です。プロ経営者に求められるのは、人からなにを言われても動じない覚悟と、変幻自在。その中身とは?詳しくは本文をお読みください。
著者です。ご高覧いただきありがとうございます。ちなみにNTTぷららのひかりTVは、現在、会員数約300万人で、今も年間40〜50万人ペースで会員が増えているのは同社だけ。オンデマンドサービスと放送サービス(従来のテレビ放送のようなサービス)いずれも大規模に実施しているのは同社(これは同社唯一のサービスではない)と好調なので、学ぶことはあるかと思います。
NTTぷららは動画の時代になってさらに存在感増してきた。並んでるコンテンツが明らかに違う。こういう背景があったのか。随分らしくないと最初は感じたww
臨機応変をモットーにしてきたけど、変幻自在ってカッコいいなw
そうしよう。
経営は「スピード」。ベンチャーが大企業に勝てる理由もただこれ一つのみ。
まずは実行。アウトプット。大切なことですよね。ざっくりしてもいいし、失敗してもいいから、まずは歩き始める。ビジネスで最も大切なことです。セミナーを受講ばかりしてる人は、いつアウトプットするの?と思ってしまいます。
ぷらら(Plala)は、株式会社NTTぷらら(エヌ・ティ・ティ・ぷらら、NTT Plala Inc.)が運営する日本の大手インターネットサービスプロバイダ(ISP)である。NTTコミュニケーションズ主要グループ企業のひとつ。主な事業として、個人向けプロバイダ「ぷらら」、IP電話「ぷららフォン」、IPTVサービスであるひかりTV、及びポータルサイトの運営等がある。 ウィキペディア

業績

日本電信電話株式会社(にっぽんでんしんでんわ, にほんでんしんでんわ、英語: Nippon Telegraph and Telephone Corporation、略称: NTT)は、日本の通信事業最大手であるNTTグループの持株会社。持株会社としてグループ会社を統括するほか、グループの企画開発部門の一部を社内に擁し、規模的にも技術的にも世界屈指の研究所を保有する。 ウィキペディア
時価総額
9.6 兆円

業績